肉料理に豆腐を入れると血糖値を上げにくく肥満の呼ぶ宇にもなる

高エネルギーの肉類も豆腐を入れる事で高カロリーを抑える事が出来ます。豆腐は血糖値が高い人におすすめで低エネルギーなので肥満の対策にもなります。

 

豆腐は、低エネルギーで血糖値を上げにくい食べ物です。
味が淡泊なので単体で食べるよりも冷ややっこや湯豆腐にして食べるなど工夫するといいですね。

 

その中でも、肉料理に一緒に豆腐を入れて揚げるのがとてもいいです。
肉類は、高エネルギーです。

 

カロリーで血糖値が上がる事はないのですが、太る原因にもなるので注意が必要です。

 

豆腐を一緒に入れる事で見た目の量が同じでも肉類を減らす事が出来ます。
肉が減った分だけエネルギーが減ります。

 

豆腐ハンバーグ、麻婆豆腐は、非常に優れた食べ物だと思います。

 

また、肉類と組み合わせる事で豆腐の栄養価が少しだけ高まります。
アミノ酸スコアが上昇する事が話あっています。

 

アミノ酸スコアとは?
体では生成できない9種類の必須アミノ酸のバランスを点数にしたものです。

 

そういった意味でも豆腐は肉類と食べると効果的なんです。

 

血糖値が高い人の強い味方が豆腐

豆腐は低エネルギーで糖質も低いので血糖値を上げない食べ物です。

 

血糖値が高いと言われると食事制限をしないと思い、満足のいく食事ができないためにストレスが溜ってきます。

 

しかし、料理に豆腐を混ぜる事でカサが増してお腹に満腹感が出てきます。

 

また、野菜と一緒にとれば食物繊維も合ってより高血糖を抑える事が出来ます。

 

ただ、豆腐を食べるときに注意してほしい事があります。
それは、揚げ豆腐です。

 

豆腐を食べるときには、木綿や絹ごし豆腐であげてない物がいいです。

 

揚げてある豆腐は高エネルギーになり脂質も多くなります。

 

厚揚げ、がんもどきはなるべく控えた方が良いと思います。
食べてもいいのですが、なるばく意識してそのままの形で食べるのがいいですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加