血糖値はどうして上がるの?HbA1cと何か関係があるの?

血糖値はどうして上がるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

こんにちは、血糖値について調べている中島です。
健康診断や人間ドックで血糖値が高いと言われた事はありませんか?

 

そもそも、血糖値はどうして上昇してしまうのでしょうか?

 

血糖値が上がってしまう理由と血糖値を正常に戻す方法をご紹介していきます。
何か特別な方法ではなく普通の療法が大切なんです。


血糖値について


血糖値って何?

そもそも血糖値について理解していない人が非常に多いです。
血糖値とは、血液中に存在しているブドウ糖の量の事を血糖値といいます。

 

この数値が高いと糖尿病となる危険性が高くなり血糖値の改善が必要になってきます。糖尿病の早期発見と治療のためにもこの数値は非常に重要な値です。

 

一度、糖尿病になってしまうともう治らないので一生付き合っていく事になります。血糖値が高いと言われてたらラッキーだと思って今からでも改善する事をお勧めします。

 

しかし、なんで血糖値が上がるのでしょうか?

血糖値はどうしてあがるのか?

炭水化物の中には、糖質が含まれておりそれが体内の消化器官によってブドウ糖まで分解されます。
ブドウ糖が小腸に吸収されて血液中にブドウ糖が増えるから血糖値が上がります。

 

これは、健康な人でも血糖値は上昇します。ですが、血糖値が高いと言われている人は、その血糖値が異常に高く食後の2時間後の血糖値を計っても高いままの人の事を血糖値が高いといい注意されます。

 

食事をしたら当然血糖値が上がるのですが、急激に炭水化物を食べると血糖値は急上昇しますし、ゆっくり食べたり野菜を一番始めに食べる事で血糖値の上昇を抑える事が出来ます。

 

血糖値の上がり方は、食べるスピードや食べる物でも変わりますし、最近よく言われる低GI食品は血糖値を上げにくい商品です。

血糖値はインスリンが下げる

血糖値が上昇した後は、放っておけば下がるのですが下がる理由はインスリンにあります。
インスリンは、膵臓から分泌されて血糖値の上昇を抑える働きがあります。

 

インスリンが分泌すると血液中のブドウ糖が組織細胞にと込ませるのを加速させることが出来ます。それが、エネルギーになったり、エネルギーにならなかったブドウ糖は、グリコーゲンや脂肪になって肝臓や脂肪細胞に蓄えられます。

 

しかし、血糖値が高いと診断された方は、このインスリンの分泌量が少なくなってしまったか、インスリンの効きが悪くなってしまった可能性が考えられます。

 

血糖値を改善するためには、このインスリンを改善する必要が出てきます。

血糖値検査にも色々ある


血糖値検査

血糖値検査には10種類程度ありそのうち血糖値そのものを測定する検査が3つあります。
空腹時血糖調査」,「75gOGTT(経口ブドウ糖負荷試験)」,「随時血糖検査」の3つです。

 

いずれも大切な検査で、基準値が設けられています。その基準値を超えると血糖値が高いと判断されます。それぞれ、どのような検査がみていきましょう。

 

空腹時血糖調査

 

空腹時血糖値とは、前日に夕食を食べないで、翌日の朝食も取らずに早朝に採決をとって血糖値を測定していきます。半日食事をとっていない状態の空腹時の血糖値を計ります。

 

空腹時なのに血糖値が高いと高血糖の状態が疑われます。

 

基準値:110mg/dl未満
境界型:110〜125mg/dl未満
糖尿病型:126mg/dl以上

 

75gOGTT(経口ブドウ糖負荷試験)

 

この検査は、どのくらいブドウ糖を処理する能力を計る検査で、ブドウ糖の処理能力を耐糖能力といいます。
検査方法は、10時間以上は一切食べないで、午前中の早い時間から始めます。

 

空腹時の状態で、ブドウ糖75gを250ml程の水に溶かして飲み、食事をしないまま2時間後の血糖値を測定する物です。
基準値:2時間値140mg/dl未満
糖尿病型:200mg/dl以上

 

随時血糖検査

 

この検査は、食事の制限に関係なく血糖値を測定する検査です。
通常の食事をして2時間後くらいに測定した血糖値を調査します。

 

基準値:2時間値140mg/dl未満
糖尿病型:200mg/dl以上

 

この3つの検査の内1つでも基準値を超えていると血糖値が高いです。1回の検査で糖尿病だと判断はされないですが、将来的には糖尿病になってしまうリスクがあると考えられます。

Hba1cが一番重要

血糖値そのものを測定する検査以外に、血糖値のコントロール状態をみる検査です。
先ほど紹介した3つの項目の内1つでも基準値を超えて、ここで紹介するHbA1cの基準値を超えると糖尿病だと診断されます。

 

グリコヘモグロビン(HbA1c)検査

 

HbA1cは、過去2ヶ月間の血糖値の平均を測定する方法です。
赤血球は、約120日間の寿命を持っていて、その中のグリコヘモグロビンの比率をみる事で60日間の値を調べる事が出来ます。

 

この検査は、血糖値そのものを測定すると刻々と変化するのに比べて、より正確に血糖値の状況を見られて糖尿病の早期発見にも役に立つので重要視されている傾向です。

 

基準値:4.6〜6.2%
糖尿病型:6.2%以上
※グリコヘモグロビンとは、ヘモグロビンとブドウ糖が結合した状態です。

 

この検査以外もグリコアルブミン検査や1.5AG検査など色々な検査があるので病院の意向に従いましょう。

ちょっと高いぐらいなら大丈夫?

糖尿病だと診断される基準は整理しましょう。

 

1
空腹時血糖値 ブドウ糖負荷 随時血糖値
126mg/dl以上 200mg/dl以上 200mg/dl以上
2
HbA1c 6.2%以上

チェック1のうち、どれか1つでもあてはまり、かつチェック2の数値を超えていると糖尿病と診断されます。

 

血糖値検査の基準内であればいいのですが、基準値をちょっとでも超えている場合は、本当に注意が必要です。

 

血糖値が基準値を超えている状態を「境界型(糖尿病予備軍)」と良い、正常範囲でも高めの数値なら「正常高値」と言います。どちらも糖尿病に進行しやすいので気づいたらという事になりかねません。

 

血糖値が高い状態だと、高血圧や脂質異常症の可能性もあるので合併症のリスクが高くなって、動脈硬化や心筋梗塞などの可能性が出てきます。

 

ちょっとぐらい高くても平気という事ではありません。しっかりと医師の元、改善していく必要があります。

血糖値を改善するためにはどうしたら?


血糖値改善には食事療法が基本

血糖値が高くなってしまったのは、食事の糖質の取り過ぎが原因であったり、食べ方にも影響があります。
まずは、食事内容を見直すところから始まります。

 

そこで「重要なのが糖質制限をする事」と「食べ方を工夫する事」です。

 

糖質制限をする事

 

血糖値改善のためには、糖質を制限しない事には改善するのは難しいです。
特に、白いごはんに関してはいつもの半分まで減らした方がいいですし、炭水化物を少なくしましょう。

 

1日の糖質は120gで1食当たりが30〜40程度を目安にするのがお勧めです。
間食したりジュースを飲むのも糖質をかなり取る事になるので、糖質ゼロの物や週2回は間食していいとか自分でルールを決めるのもいいです。

 

急激に糖質制限するのではなく軽い糖質制限をした方が続きますし、血糖値改善には有効です。

 

運動療法も大切

運動不足も血糖値が高い理由の1つで運動すう事がとても大切です。
ただ、毎日運動するのではなく週に2回のランニングでも充分に効果があります。

 

年齢的にもきつい人なら散歩やウォーキングをするだけでもいいです。
外に出たくない人なら立ってテレビを見るとか、ながら筋トレをするだけで全然違います。

 

腹筋やスクワットをするだけでもいいので続けることが大切です。

血糖値サプリでサポート

サプリメントで血糖値改善をするサポートとして使うのもありです。今では、糖の代謝を高めるサプリや糖の吸収を抑えるサプリメントがあります。

 

糖の代謝を促すサプリ

 

糖の代謝をアップさせるサプリメントがあります。食事をすると血糖値が上がってしまうのは仕方がありません。

 

そこで、糖の代謝をアップさせることで食後の血糖値の上昇を抑えてインスリンの負担を軽減する事が出来ます。

 

現在では、ALA(アラ)という成分を使ってミトコンドリアを活発化させて糖の代謝を促すサプリメントがあります。


 

糖の吸収を抑えるサプリ

 

糖の吸収を抑えるサプリもあります。血糖値が上昇してしまうのは、多糖類が単糖類(ブドウ糖)に分解されて小腸で吸収されて血液中に多くなるからです。

 

二糖類から単糖類に分解する消化酵素にα-グルコシダーゼがありますが、サラシアという成分がこの消化酵素の働きを阻害する事でブドウ糖まで分解する事を防ぎます。

 

そのため、血糖値の上昇を抑える事が出来ます。

 

糖の吸収を抑えたいと考えているなら食事の前にサラシアサプリを飲むのがお勧めです。