【肥満】太っている人は血糖値が上がりやすいのは内臓脂肪型の人

太っている人でも特に、内臓脂肪型の方は血糖値が上がりやすいです。内臓の周囲に脂肪が付くとインスリンの分泌が悪くなるためです。内臓脂肪型の人は血糖値が高いです。

 

太っている人に血糖値が高い人は多いと思いますが、痩せていても血糖値が高い人はいます。

 

逆も当然あって、太っているのに血糖値が低い人もいます。

 

これには、色々な事が考えられます。
肥満と一口に行っても内臓脂肪型と皮下脂肪型の肥満の2種類があります。
内臓脂肪型の人が血糖値が高くなります。

 

それは、内臓に脂肪が付いているので当然膵臓にも脂肪が付いてインスリンの分泌が悪くなるからです。

 

インスリンの分泌が悪ければ血糖値を下げる作用が弱いので食後の血糖値が高くなるからです。

 

結論は、内臓脂肪型の肥満の方がインスリンの分泌が悪くなるため血糖値が上がりやすいという事です。

 

日本人はインスリンの分泌が弱い

日本人は、欧米人と違いインスリンの分泌脳力が低いです。

 

欧米人は、食べて食べてもインスリンを出す力が強いため血糖値も上がりません。
そのため、欧米の場合は、太っている人が糖尿病になるリスクが高くなります。

 

しかし、日本人をそのまま当てはめてはいけません。
日本人の場合は、痩せているのに糖尿病になっている人がいます。

 

特にU型糖尿病は、半数以上は痩せている人です。
U型糖尿病は、生活習慣による糖尿病になる人です。

 

私達日本人は、基本的にはインスリンを分泌する能力が低いので血糖値が上がりやすく糖尿病になりやすいともいえます。

 

ですが、しっかり糖質の摂りすぎに注意して食事に気を付ける事を意識すれば大丈夫です。

 

今、血糖値が高いと診断されてどうしたらいいのか?

 

と悩んでいる人も一気に全部するのではなく、普段から食べている食事は、大丈夫なのか?調べてみたり、隙間時間に軽い運動したりと色々な工夫をする事が出来ます。

 

メタボの意味は分かっていますか?

肥満のついでに確認したいのがメタボです。
メタボリックシンドロームと言います。

 

肥満の人を単純に刺しているのではなく、内臓脂肪型で高血糖、高血圧、脂質異常症のうち2つ以上が当てはまった人がメタボと言います。

 

本当にあなたがメタボならかなり危険な位置までいると思った方がいいです。

 

動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中のリスクが高くなります。
本当にメタボなら笑っている場合ではありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加