血糖値が高いとどうなるの?症状が特に出ないし悪いと所もない

血糖値が高いとどうなるのでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

こんにちは、血糖値について調べている中島です。
血糖値が高いと言われても特に症状がでない人もいるため軽視している人も多いです。

 

しかし、血糖値が高いのを放置していると確実に進行して糖尿病になってしまいます。

 

糖尿病になって他の病気と併発して死のリスクが高くなります。
症状がでていないうちに対策する必要があります。


血糖値が高いのは危険


血糖値が高いとどうなるの? 

血糖値が高いと最終的に行きつく所は、「糖尿病」です。一度糖尿病になってしまうと治らないと考えた方がいいくらい危険な病気です。

 

糖尿病自体はそこまで怖いくないのですが、糖尿病になると合併症になりやすくなります。「神経障害」,「網膜症」,「腎症」が3大合併症と言われています。

 

失明や足の切断など想像もしたくないような状態や脳梗塞や心筋梗塞にもなるので本当に命の危険にさらされます。

 

血糖値が高いとどうなるの?かというよりも糖尿病になった後が一番怖いです。

 

血糖値が高いと言われているぐらいならまだマシで、今からでも改善するために食事と運動に気を使った方が良いです。これから、糖尿病になってから後悔しているのでは遅いです

そのままの生活を続けると2型糖尿病に!

血糖値が高いのに特に症状がでない人でも今の生活を続けると確実に糖尿病に近づいています。
糖尿病は本当に怖い病気です。今からでも1つでもいいので生活習慣を改善しましょう。

 

2型糖尿病になる人によくある3つの生活習慣を紹介します。

 

1.食べ過ぎや食生活の乱れ

 

炭水化物が多いごはんやパン、麺類ばかり食べていたり、短時間にガツガツと食べる早食い、たくさん食べるドカ食いばかりしている。
間食も糖質が多いお菓子やジュースばかり飲んでいると血糖値を上げます。

 

その分インスリンが働いてくれるのですが、そのような習慣を続けていくとインスリンの分泌が悪くなってしまいます。
食べ過ぎて肥満になればインスリンの効きも悪くなってしまい悪循環です。

 

2.運動不足

 

運動不足は、肥満とつながる事もありますが、血糖値のコントロールがうまく出来ずに食後高血糖の状態になってしまいます。

 

3.ストレスや加齢も原因

 

ストレスを溜め込むのも悪い生活習慣の1つです。ストレスを抱え込むとインスリンの作用を弱めるホルモンが分泌されて血糖値を抑える事が出来ません。

 

加齢ばかりは仕方がありませんが、高齢になると体の機能も落ちて膵臓の働きが弱くなるのでインスリンの分泌量が落ちてしまうのです。

血糖値が高いのに症状がでない

血糖値が高いと言われたけどいまいち何も症状がでないので気にしていない人も多いのではないでしょうか?

 

血糖値が高いと言われている状態は、これからが危険で何か症状が出る可能性が高いです。

 

まだまだ、初期状態の可能性があるので今なら改善するのも楽です。
ですが、それを放置してしまうと大変なことになりかねません。

 

症状がでていない内から対策をしましょう。

血糖値が高いとどのような症状が出る

 

血糖値が高いのは放置してしまうのは本当によくありません。
今は、まだ何も変化がないかもしれませんが、これから症状が出る可能性があります。

 

本当に怖い事なので今から血糖値を改善する事が大切なんです。


血管と神経が徐々に傷つけられる

血糖値が高いと血管や神経をどんどん傷をつけていったり、血管内にブドウ糖が多すぎるので活性酸素の発生が多くなったり、血管に負担がかかるので様々なとラブルが起きます。

 

高血糖が血管を傷つける

 

赤血球が血管の中をスムーズに移動できないので、流れが悪くなって血栓を作ってさらに流れを悪くします。ブドウ糖が血管内にあるとタンパク質を結びついて有害な糖化タンパクが出来て血液をドロドロの状態にまでしてしまいます。

 

また、血管内にブドウ糖がある血管細胞がブドウ糖を処理しようとします。

 

しかし、そのブドウ糖の量が多過ぎて処理が追い付かなくなりブドウ糖の代謝物ソルビトールが増えて血管細胞が膨張して血管障害を引き起こしてしまいます。

 

主に血管を傷つけますが、神経にも影響があって全身の末梢神経の細胞が攻撃を受けて、知覚神経や運動神経、自律神経などにも悪影響を及ぼします。

 

血糖値が高いというだけで症状がでていない人でも着実に進行しているのが現実です。

肝臓や膵臓に負担をかける

血糖値が高いと肝臓や膵臓にも負担をかける事になります。
ブドウ糖が多いと処理しきれなくなってブドウ糖がグルコースや脂肪になって肝臓に蓄積されます。

 

すると、脂肪肝になって肝機能が低下してしまいます。肝臓病にもなってしまうリスクがあるそうです。

 

血糖値の上昇を抑えるインスリンは、膵臓のランゲルハウス島β細胞から分泌されます。ブドウ糖が多くなってしまうとそれだけインスリンを分泌しなくてはなりません。

 

すると、急激な血糖値の上昇や分泌量を多くしなくてはいけない状態が続くと膵臓に負担がかかってしまうのです。
結果、インスリンの分泌量が減ってしまったり、効きが悪くなってしまいます。

その他の症状

他にも血糖値が高くなると出てくる症状があります。

 

頻繁にのどが渇いてしまったり、トイレの回数が多くなる。
手や足がしびれたり、なんだか疲れやすくなってしまいます。

 

初期の症状がでないので、ちょっとこのような症状が出始めたら注意した方が良いです。

 

また、重度の糖尿病になると、眼がかすんだり、眼鏡が合わなくなる。食べているのに痩せてしまう。こういった症状にならないためにも早期の対策が必要になります。

血糖値が改善するためには?


血糖値はどうして高くなるのか?

食事をすれば糖質が含まれているので上がるのは当然です。
血糖値がどうして上がるのか分かりますか?

 

食事をすると、炭水化物の糖質(多糖類)が胃を通って小腸に行きます。
胃の中で多糖類が二糖類に分解されて、小腸では消化酵素α-グルコシダーゼによって単糖類(ブドウ糖)にまで分解されます。

 

ブドウ糖が小腸で吸収されて血管にブドウ糖が増えるので血糖値が上がります。

 

つまり、血糖値を改善するためには、糖質制限をしないことには難しいという事です。今、血糖値が高い事が本当に危険と思ったなら今日からでも対策を始めるのがいいです。

食事療法と運動療法の2つが重要

血糖値を改善するためには、食事療法と運動療法が基本的な事です。この2つを改善しない事には何も始まりません。
そこで、運動療法と食事療法の2つで気を付けるべきことを紹介します。

 

食事療法で血糖値を改善する 

 

食事療法で大切なのは、糖質を制限する事が大切です。1日の摂取量は120gが目安にするといいです。
1食当たりが30〜40gを目安にすると良いです。

 

炭水化物を控えるのが大切ですし、特にしろいご飯は半分ぐらいまで減らした方が良いです。

 

また、間食をやめる事が大切でお菓子やジュースを飲んでしまうと一気に糖質を摂ってしまうので気を付けた方が良いです。一度食べている物を書き出してみるのもいいかもしれません。

 

運動療法で血糖値を改善する

 

運動も大切ですが、毎日運動する必要はありません。仕事がある人は、毎日運動するのはとてもつらいのが現実だと思います。

 

そこで、週末の土日に軽く30分ぐらいの運動でも十分に血糖値を改善する事が出来ます。

 

走るのが苦手な人は、自宅でテレビを立ってみるとか筋トレ(腹筋)しながらでもいいので運動を始めてみましょう。いつもよりも体を動かすことが大切です。

血糖値サプリで改善のサポート

血糖値サプリで改善のサポートをするのはありです。
血糖値をサプリメントだけで改善するのは反対ですが、より早く改善するためには使うのがいいと思います。

 

糖の代謝を促すサプリ

 

糖の代謝をアップさせるサプリメントがあります。食事をすると血糖値が上がってしまうのは仕方がありません。

 

そこで、糖の代謝をアップさせることで食後の血糖値の上昇を抑えてインスリンの負担を軽減する事が出来ます。

 

現在では、ALA(アラ)という成分を使ってミトコンドリアを活発化させて糖の代謝を促すサプリメントがあります。


 

糖の吸収を抑えるサプリ

 

糖の吸収を抑えるサプリもあります。血糖値が上昇してしまうのは、多糖類が単糖類(ブドウ糖)に分解されて小腸で吸収されて血液中に多くなるからです。

 

二糖類から単糖類に分解する消化酵素にα-グルコシダーゼがありますが、サラシアという成分がこの消化酵素の働きを阻害する事でブドウ糖まで分解する事を防ぎます。

 

そのため、血糖値の上昇を抑える事が出来ます。

 

糖の吸収を抑えたいと考えているなら食事の前にサラシアサプリを飲むのがお勧めです。