血糖値は膵臓から出るインスリンがコントロールしている

糖質を摂ると血糖値が上がります。しかし、私達の身体には水防から出るインスリンというホルモンが分泌されます。それによって、血糖値のコントロールをしています。

 

血糖値が正常値の人は、インスリンに問題がないからです。
裏を返せば、血糖値が高い人はインスリンの分泌や働きが悪いからです。

 

インスリンがしっかり分泌する事で血糖値をコントロールしてくれるから血糖値が高くならないのです。

 

インスリンの働きをもうちょっと詳しく説明します。

 

インスリンの働きとは?

インスリンは、膵臓のランゲルハンス島という組織にあるβ細胞で分泌されます。

 

食事によって体内にブドウ糖が入るとインスリンの分泌が始まります。
インスリンの分泌によって筋肉や脂肪細胞、肝臓に取り込まれます。

 

そこで、身体全体のエネルギーを作っています。
すると、血液中のブドウ糖が減るために血糖値を下げる事が出来ます。

 

しかし、このインスリンが出ないと血液中のブドウ糖がエネルギーとして使われなくなるので血糖値が高くなります。

 

インスリンによって糖がエネルギーとして使われる

インスリンの分泌によって筋肉や脂肪細胞、肝臓に流れていくのが分かったと思います。

 

筋肉に運ばれたら主にエネルギーとして使われますが、脂肪細胞へいった物は、貯蔵エネルギーとして蓄えられます。

 

また、肝臓へ運ばれた場合は、グリーコゲンとして貯蔵されます。
しかし、許容範囲を超えると中性脂肪に変わるので注意が必要です。

 

悪くなったインスリンを改善するには?

インスリンの分泌が悪くなったのは、糖質を摂りすぎたため、膵臓がインスリンを出し続けた結果です。

 

全力を出し続けると疲れ切ってしまい、β細胞がおかしくなってしまったのです。

 

血糖値を高いまま放置してしまうとこういった事になってしまいます。

 

血糖値が高いと言われた時点でインスリンの分泌が少なかったり働きが弱くなっているのですぐに対策する必要があるんです。

 

それをあまく見ているために糖尿病になってしまう事があります。

 

インスリンは改善する事が出来ます。

 

糖質の摂りすぎや運動して脂肪筋を改善す、脂肪肝ならそれを改善するなどをすれば以前のように正常にインスリンが分泌されます。

 

元々日本人んはインスリンの分泌脳力が低い

日本人というよりもアジア人はインスリンの分泌脳力が低いです。

 

欧米人は、食べても食べてもインスリンをどんどん出します。
羨ましいですが、個人差が必ず出ます。

 

国によっても違いますし、国内でも違いは出ていると思います。
あの人は、あんなに太っているのに血糖値が正常なんておかしい!

 

と思いますが、それでもインスリンの分泌が正常だから血糖値が高くなっていないのだと思います。

 

血糖値が下げたければ糖の代謝を促すインスリンを改善していきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加