野菜不足になると血糖値が高くなるのは当然の結果

野菜不足が血糖値を高くする?

血糖値が高いのは野菜が不足している可能が性が高いと思います。毎日、野菜は食べていますか?野菜を食べる事で血糖値が正常値まで戻す事に期待できます。野菜を食べましょう!

 

野菜不足になると食物繊維を摂る事が出来ていない可能性が高いです。
そのために血糖値が高くなっていると考えられます。

 

食物繊維を摂ると高血糖を抑える事が出来ますし、肝臓にこれ以上糖を分泌しないように抑制する事も出来ます。

 

食物繊維にはこのような効果があるため食物繊維が豊富に含まれている野菜を食べるのがいい理由です。

 

野菜不足の人の対策

1日の食事で1回でも野菜サラダは食べれていますか?
食べていないのならまずはそこから改善するべきです。

 

普段から、外食やコンビニ、スーパーのお惣菜の食事が多い人はちょっと変えてみるだけで十分に効果があります。

 

外食なら揚げ物は少しだけ控えて野菜が多い物を選ぶ
コンビニなどは、野菜サラダが別売りで売られているのでそれを購入するだけでも違います。

 

最近ではカット野菜も売られているので野菜だけ自炊もありですよ。
食物繊維は熱に強いので加熱調理しても壊れる心配はありません。

 

最終的には、食事のときは野菜を食べる習慣をつけるようにしましょう。

 

聞いた事あると思いますが、ベジ・ファーストといって一番始めに野菜を摂ると血糖値の上昇を抑える事が出来ます。
食事のときは、1品に野菜があるのがいいんです。

 

食物繊維が多い野菜

食物繊維が多い食品は、ごぼうが一番多いです。
100g当たり5.7gも含まれています。

 

キャベツは、1.8gなのでごぼうの食物繊維の多さが分かると思います。
他にもブロッコリーが4.4g、にんじんが2.7gです。

 

こうやって見るとキャベツの食物繊維の量が少なくい事にビックリします。
ですが、量の多さは大切ですが、今までの食事から前進する事が大切です。

 

今まで、食物繊維を摂るような生活をしていなかったのですから、野菜を摂る事を意識するだけで十分です。

 

お酒を飲むときは、えだまめも一緒に食べる人が多いですが、それは正解です。
えだまめも食物繊維が豊富に含まれて100g当たり5.0gも含まれています。

 

ですが、カロリーが高めなので食べ過ぎに注意です。
お酒を飲むときは、枝豆に加えてサラダも一緒に食べるようにしましょう。

 

野菜スープや野菜鍋も良い

野菜というと、生野菜サラダを想像する人が多いですが、野菜スープや野菜鍋もいいです。

 

野菜スープや野菜鍋なら自分が好きな野菜を入れて簡単に作れます。
野菜のビタミン類がスープに浸みこむのもいいですね。

 

加熱調理すると食物繊維が大丈夫なんでが、ビタミン類は破壊されてしまう事がほとんどだからです。

 

野菜は、色々な形で取る事が出来るので野菜に飽きないように色々と工夫して摂るようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加