バナジウムがインスリンの役目になり血糖値を下げる効果がある?

バナジウムが血糖値を下げるの?

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

こんにちは、血糖値について調べている中島です。
このページでは、血糖値とバナジウムの関係について徹底的に調べました。

 

そもそも、バナジウムとは何か?
そのバナジウムがどのような作用があってどのくらい信用出来る物なのか?

 

それについて解説しています。


バナジウムとその作用は何か?


そもそもバナジウムとは何か?

バナジウムは、ミネラルの一種で天然に存在する物質です。
人間の身体にもあって骨の中心に本当に少しだけでふくまれていますが、いまだになんで存在しているのか分からない状況です。

 

バナジウムが注目されるようになったきっかけは、バナジウムを含む富士山の湧水を飲んでいる人達が血糖値が低い事や血糖値関連での病気が低いからです。

 

それもあってバナジウムが注目されてから健康志向が高い人や血糖値が高い人、糖尿病の人が飲んでいる人が多くなっている印象です。

 

バナジウムの働きとは?

バナジウムの働きで一番期待されているのは、「インスリンと同等の働きをする」点です。
ただ、具体的な事は分かっていなくて実験結果からバナジウムが血糖値を改善する事が確認されています。

 

血糖値が高めの人は、バナジウム水を飲むと改善がみられるかもしれません。

 

他にも期待されている事が3つあります。

 

  • 血管に関係する病気の予防(動脈硬化・心筋梗塞)
  • 血液をサラサラにして中性脂肪の蓄積を抑える
  • むくみを改善する

※過度な期待は禁物です。

 

バナジウムで血糖値の改善例が3つ見つけることが出来ました。
後で3つの例を紹介します。

 

バナジウムが含まれている食品

バナジウムは、食品からも摂取する事が出来ます。
普段の食事からでも個人差がありますが、6〜18μgを摂取しています。

 

バナジウムが摂れる食品に、牛乳、卵、エビ、イワシ、マッシュルームから取る事が出来ます。

 

ただ、注意してほしいのがバナジウムで血糖値の改善例が見れたのは、食品からではなくバナジウム水なので食品から取った場合は分からないです。

 

基本的には、食前にバナジウム水を飲む事で血糖値の改善が見られました!

バナジウムと血糖値の関係とは?

 

こんにちは、血糖値について調べている中島です。
このページでは、血糖値とバナジウムの関係について徹底的に調べました。

 

そもそも、バナジウムとは何か?
そのバナジウムがどのような作用があってどのくらい信用出来る物なのか?

 

それについて解説しています。


テンプル大学の研究結果

アメリカのテンプル大学のバナジウムと血糖値の改善例です。

 

実験者:アメリカのテンプル大学
被験者:2型糖尿病
期間:4週間の投与
1日の投与量:100,000μg(100g)

 

【結果】
インスリンの感受性が高くなって血糖値の改善が見られた。
摂取量が非常に多いのに関わらず副作用は確認されていません。

 

この実験では、バナジウムの投与量が非常に多いので日本人は真似をしない方が賢明です。
アメリカン人は体が強いという事もあって大丈夫なのかな?と思います。

 

中村学園大学の研究グループ

中村学園大学の研究グループで2005年の研究結果です。

 

実験者:中村学園大学
被験者:健康な20代女性
期間:8日間
1日の投与量:60μg/L(食前に700ml程度)
投与方法:食前にバナジウムを摂取する

 

【結果】
動物性脂肪分を多く摂らせて血糖値を高める食事をする。
食事の前にバナジウムと飲むグループと飲まないグループで比較するとバナジウムを飲んた方が食後血糖値の上昇が4分3に抑える事ができた。

 

健康な女性への向けという事もあって実験結果としては微妙かもしれませんが、バナジウムがインスリンとしての作用を持つような働きを確認する事が出来ました。

 

東京医科大学教授の実験結果

東京医科大学教授の実験結果のまとめです。

 

実験者:東京医科大学
被験者:糖尿病患者(血糖値が140mg/dl)の男女
期間:60日間
1日の投与量:65μg/L(食前に180ml)
投与方法:食前にバナジウムを摂取する

 

【結果】
半数以上が血糖値が正常値まで戻った。

半数以上が血糖値の改善が見られたのでバナジウムの優位性が見られたのではないかと思います。
このようにバナジウムが血糖値を改善する例があるので、高めの人は摂取してみてはどうでしょうか?

お勧めのバナジウム水

 

こんにちは、血糖値について調べている中島です。
このページでは、血糖値とバナジウムの関係について徹底的に調べました。

 

そもそも、バナジウムとは何か?
そのバナジウムがどのような作用があってどのくらい信用出来る物なのか?

 

それについて解説しています。


1日のバナジウムの上限摂取量 

バナジウムの1日の摂取量ですが、特に決まっていませんが血糖値を改善するための摂取量、80μg程度だと言われています。
だいだいのバナジウム水は60μg/Lで少し足りないです。

 

ですが、実験結果で摂取していたバナジウム量はもっと少ないのでそこまで気にする必要はないのかなと思います。
ただ、過剰摂取と長期的(何年単位)に飲むと副作用の心配があるようです。

 

バナジウム水を7年間飲み続けたら体に不調が起きたそうです。
だから、血糖値に改善がみられて落ち着いて来たらやめてもいいのかなと覆います。

 

かなり稀なケースなような感じもするのでそこまで気にする必要はないかなと思います。

富士山 カラダこころ水

富士山の中でもバナジウムの含有量が多いところでとれたのが「カラダこころ水」という商品です。

 

バナジウムが1L当たり160μgなので、1日300mL〜500mLを飲むと丁度いいと思います。
コップ1杯を食前に飲むのがお勧めです。

 

▼カラダこころ水 公式サイトはこちら▼

コース 価格 内容量
お試し 4,196円 2L×6本
お試し 7,549円 2L×12本
お試し 10,707円 2L×18本
定期コース 3,024円 2L×6本

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加