血糖値が高い人は本当にお酒・アルコールを飲んではいけないのか?

血糖値が高い人はお酒を飲んでもいいのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

こんにちは、血糖値について調べている中島です。
健康診断で血糖値が高いとお酒を控えるようにと指示されることがあると思います。

 

もちろん、血糖値が高い人はお酒は控えるべきべきです。
血糖値が安定しているなら適量で飲むのは問題はないと思います。

 

ただ、飲み方に注意しないといけません。


お酒と血糖値の関係とは?


お酒で血糖値が上がる理由とは?

お酒を飲むと血糖値が上がると言われています。
しかし、アルコール自体には血糖値を上昇させる働きはありません。

 

アルコールは、肝臓と深い関係がありその結果血糖値を上昇させてしまいます。

 

糖質が体内に入ると肝臓に蓄えられてそれがグリコーゲンに変わって蓄積されます。
アルコールが入ると、肝臓内のグリコーゲンがブドウ糖への分解を促進するので、それが血液や細胞にブドウ糖が流れるので血糖値を上昇させます。

 

一過性ではありますが、血糖値が高い状況を作ってしまうので血糖値が普段から高い人は非常に危ない状態です。
アルコールを飲むと血糖値が上昇してしまうので、血糖値が悪い人は控えるべきです。

アルコールを飲むと食欲が増加する

アルコールを飲むと血糖値が上昇してしまいますが、アルコールだけのせいではありません。
お酒を飲むと、食欲を増して普段よりも食べてしまう人がいます。

 

それが、揚げ物や糖質が多い物を食べているなら余計に血糖値を上昇させます。
また、締めのラーメンを食べる人もいるので血糖値の状態がよくない人にはかなり負担がかかります。

 

また、酔っているせいでそういった判断が甘くなってしまうので適量であっても意思が弱い人は飲むべきではないと思います。
いつも適量と決めているのについ飲み過ぎてしまう人は、血糖値を正常値まで戻してから適度に飲むようにするしかありません。

 

正常値に戻って飲み過ぎてはこの繰り替えしになってしまいます。

アルコールが血糖値に悪い理由とは?

アルコールが血糖値を上昇させたり、酔って判断が甘くなって飲み過ぎたり食べ過ぎたりするのもよくないのですが、肝臓による負担が一番よくないです。

 

アルコールは、肝臓の中性脂肪の合成を促進するので、脂肪肝になるリスクが上がります。
飲みすぎは、この脂肪肝にするきっかけになってしまいます。

 

脂肪肝になるとインスリンの働きが悪くなるので食後血糖値の上昇を抑える事が出来ません。

 

肝臓に負担をかけないためにも血糖値が高いと診断されたらお酒を控えて、血糖値の状態がよく、合併症が現れていないならそのときから適度なお酒を楽しみましょう。

血糖値が高い人の上手な付き合い方


1日のアルコール量を減らす

当たり前ですが、以前よりは確実にアルコールの摂取量は減らすべきです。
アルコールそのものが1mlで約7kcalもあるのでそもそもがちょっと控えるべきです。

 

理想的な事を言えば「ビールは1日500mlまで」です。
1日のアルコールの摂取r等が約30mlぐらいになります。

 

普段から飲む量が多い人は、まずは半分から初めてはどうでしょうか?

お酒の種類によっても働きが違う

お酒といっても種類によっても違います。
一番の注目するべきは、糖質の量で糖質を含まない焼酎類、スピリッツ、糖質を含まないサワーがお勧めです。

 

ビールや日本酒、ワイン、甘いカクテルは糖質を多く含むので摂取量は500mlまでにした方が良いです。
ノンアルコールや糖質ゼロのお酒もあるのでそちらをメインに飲むがいいと思います。

 

つまり、飲んでも良いお酒は、ウィスキー、焼酎、ジン、ウォッカの蒸留酒です。
これらは、糖質ゼロなので血糖値を上げる事はありません。

工夫したお酒の飲み方

お酒を飲むときは、おつまにに低カロリーで食物繊維が豊富な野菜や豆料理を中心に食べるといいです。

 

飲む量が少ないと満足しないのであれば、水で薄めたりしてアルコール濃度を下げましょう。

 

毎日飲んでいる人は、まずは、飲む日と飲まない日を決めて交互にすれば、1週間のアルコール摂取量を半分にまで出来ます。
アルコールを毎日飲むと肝臓に負担がかかります。

 

たまには、肝臓を休ませて上げる事も大切なことです。
色々な工夫をする事が出来るので、試してはどうでしょうか?.

血糖値を改善のサポートをするサプリ

血糖値を正常値まで戻すには?

お酒を以前のように楽しみたいなら血糖値の改善が大前提になります。
もちろん、正常値に戻っても飲み過ぎしまったら同じの事の繰り返しになります。

 

たまには、お酒を飲んでストレス解消をしたいなら、今の血糖値を改善する必要があります。
そのためには、食事療法と運動療法の2つが必要になります。

 

食事療法は、1日の糖質の摂取量を120gまでに抑えて、1食当たり30〜40gまでに制限する。
運動両方では、毎日運動しなくても休みの日や週1でもいいから軽い運動をする。

 

これだけでも血糖値はかなり改善する人もいます。

 

今では、血糖値を改善するサポートをするサプリメントもあります。
糖の代謝を促進したり、糖の吸収を抑えて食後の高血糖を抑えます。

 

そういった物を使いながら血糖値を改善していくのがベストではないかと思います。