食前にコーヒーを飲むと食後血糖値を抑えて下げる働きがる

コーヒは食前に飲めば血糖値を下げる働きが!

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

こんにちは、血糖値について調べている中島です。
今回は、血糖値とコーヒーについて調べました。

 

私は、コーヒーが好きという事もあって血糖値とどのような関係があるのか興味を持ちました。
すると、コーヒーは2型糖尿病の予防に期待が出来るという事でした。

 

しかし、飲み方を間違えると逆効果になってしまう事もあるので注意が必要です。


コーヒーと血糖値の関係とは?

 

コーヒーは、体に悪い物ばかり思っていましたが、そうではなかったようです。
飲み方にもよりますが、決して体に害があるわけではなかったんです。

 

それは、コーヒに含まれているクロロゲン酸とカフェインが血糖値と大きく関係していました。
では、コーヒーと血糖値の関係についてみていきましょう。


コーヒーが2型糖尿病の発症リスクを下げる

まず、結論からお話するとコーヒーを食前に飲むと2型糖尿病の発症のリスクを抑える事が分かっています。
これは、1つの研究所や大学機関の調査だけでなく色々なところが発表しています。

 

もちろん、日本でも調査して糖尿病のリスクを下げる結果が出ました。

 

長期的に飲む事で、ヘモグロビンA1cの数値を下げたからです。
コーヒー愛好家や血糖値が高いからコーヒーを控えてていた人にとっては、朗報ではないでしょうか?

 

ただ、結果だけであって詳しいメカニズムは完璧には分かっていません。
これからの研究を見守るしかありません。

クロロゲン酸がインスリンの効きをよくする

コーヒーが血糖値を改善する理由の1つとしてあげられているのがこのクロロゲン酸という物質です。
このクロロゲン酸は、ポリフェノールの一種で抗酸化作用を持っています。

 

ごぼうやじゃがいもにも含まれていますが、コーヒー豆に5%〜10%と豊富に含まれています。

 

抗酸化作用を持っているため活性酸素という人間の細胞などを老化させる酸化物を還元する働きがあります。

 

クロロンゲン酸が血糖値に関係しているのは、インスリンの効きを良くするからです。
インスリンの効きがよくなるので血糖値の上昇を抑える事につながります。

カフェインはPGC1αを活性化させる

コーヒーには、カフェインが含まれている物が多いです。
しかし、このカフェインは飲み方しだいで、血糖値を上昇させる働きと血糖値を下げる働きの両方を持っています。

 

食前にコーヒーを飲むと血糖値を下げる働きをします。
カフェインは、PGC1αという物質を活性化させます。

 

PGC1αが増えるとミトコンドリアが活性化して体内の糖を代謝する働きがあります。
すると、糖の消化が進むので血糖値が下がる結果が出ます

 

これが、食着にコーヒーを飲むと逆効果になってしまいます。
カフェインがよく言われるのは、アドレナリンを分泌するから眠れなくなると聞いた事があると思います。

 

このアドレナリンが分泌されるとインスリンの分泌を抑制するので、食後血糖値が上がりやすくなります。
食後の血糖値が下がらないといった状況になってしまいます。

 

コーヒーを飲むときは、食前に飲むようにしましょう。

 

コーヒーと血糖値の実験結果

 

食前のコーヒーが血糖値を改善や糖尿病のリスクを減少する結果が出ています。

 

1つの大学や研究所ではなく複数で結果が出ているので信頼が出来ます。
海外でだけでなく日本でもの結果もあって日本人の体質でも同じような結果が期待できます。


海外の実験結果

海外では、ハーバード大学やフィンランドの国立公衆衛生研究所で調査が行われています。

 

実験者:ハーバード大学
被験者:十数万人の女性
実験内容:コーヒーを飲む習慣がある人と飲まに人を比べた
1日の投与量:1日3〜4杯

 

【結果】
コーヒーを飲む習慣のある人の方が糖尿病を発症するリスクが減った。
コーヒーを飲む量が7〜8杯の人が一番発症が少なかった結果になりました。

 

国立子機歳医療研究機関センターの実験

海外の方は、日本人に比べてインスリンの分泌量が強いので違う結果になってしまう事もありますが、日本人にも同じような結果が出ています。

 

実験者:国立購入衛星研究所
被験者:40〜69歳で5万6千人の調査
実験内容:コーヒーを飲む習慣がある人と飲まに人を比べた
1日の投与量:週に3〜4杯

 

【結果】
コーヒーを飲む人の方がリスクを軽減する結果になりました。
男性が17%、女性が38%減少という結果です。

コーヒーの正しい飲み方

これまでの結果を踏まえて血糖値の上昇を抑えたコーヒーの飲み方をまとめます。

 

食前にコーヒーを飲む(食後に飲むと逆効果)
1日に3〜4杯を飲む(7〜8杯の方がリスクが軽減)

 

ただ、飲むときは、砂糖を入れて飲むと糖病のリスクが高くなる。
炭水化物と一緒に取るとインスリンの感受性が悪くなる。

 

基本は、ブラックコーヒーがよくて、最低でも微糖程度がいいです。
ミルクを入れるのは問題がないそうです。

【トクホ】フィットライフコーヒーがお勧め

 

より健康的にコーヒーを飲みたいという人は、トクホのフィットライフコーヒーがお勧めです。
ちょっとブラックコーヒーが苦手という人にもお勧めで非常に飲みやすいです。

 

また、コーヒーの特性だけでなく難消化性デキストリンが含まれているので、食着の血糖値を上昇を穏やかにする事が期待されます。

 

気兼ねなくコーヒーを飲みたい人にお勧めです!


▼フィットライフコーヒー 公式サイトはこちら▼

コース 価格 内容量
お試し 540円 5杯分
お試し 6,264円 60包入り

このエントリーをはてなブックマークに追加