麦茶が血糖値を抑えるのに良い働きをする

麦茶が血糖値を改善するのに良い!

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

こんにちは、血糖値について調べている中島です。
普段から飲む事が多いお茶ですが、色々な種類があります。

 

そのお茶の種類によっては血糖値や糖尿病にいいと言われているお茶があります。

 

その中でも麦茶と緑茶は安くて誰でも簡単に飲めるのにかなり効果的だという話です。
麦茶や緑茶を中心にお茶と血糖値の関係についてご紹介していきます。


麦茶・緑茶と血糖値の関係とは?

 

お茶の中でも麦茶と緑茶は、血糖値対策として優秀だと思います。
特にお勧めしたいのは、麦茶です。

 

その次に緑茶で、他のお茶も血糖値の対策の効果もあるようですが、注目を集めているのは麦茶と緑茶でした。


麦茶が血糖値にいい理由とは?

麦茶が血糖値対策に良いと言われている理由は、2つあります。

 

ピラジンという香り成分が血糖値の改善に役に立ちます。
このピラジンには、血行促進や肝機能の改善などが期待されており色々な効果があると言われています。

 

肝臓機能が元に戻れば、血中の糖が細胞に取り込まれやすくなって高血糖を防ぐことにもつながります。
血中コレステロールの改善にも期待ができて、血液をサラサラにします。

 

そのため、脳梗塞や心筋酵素の予防にもなると言われています。

 

麦茶には、大麦βグルカンという食物繊維が含まれています。
水に溶けると約8倍に膨張するので腹持ちがいいと言われています。

 

また、粘性効果によって取り過ぎた余分な脂肪を体外に杯移出する効果もあります。

 

βグルカンのパウダーもあってそれを食事に混ぜて食べている人もいます。

 

緑茶が血糖値にいい理由とは?

緑茶は、血糖値を改善する働きがあるのは、カテキンが含まれているからです。
カテキンは、腸でブドウ糖の吸収を緩やかにする働きがあると言われています。

 

糖の吸収が抑えられれば急激に血糖値が上昇しないですし、インスリンに負担をかけなく済みます。

 

だから、緑茶は血糖値にいいと言われています。
飲むタイミングは、食後よりも食前に摂る事が大切です。

 

食着に摂っては、糖質の吸収の方が先にきてしまうので効果がありません。

他のお茶と血糖値の関係とは?

血糖値に良いと言われている5つのお茶も調べたので簡単に紹介していきます。

 

ヤーコン茶 体内に吸収されにくい物質で急な血糖値の上昇を抑える
バナバ茶 インスリンに似た働きを持っている
桑の葉茶 糖の吸収を抑える
項目名 糖分が血中への吸収を遅らせる

本気の糖対策に!

 

麦茶や緑茶でも血糖値対策のサポートになります。
ですが、より本格的に対策をしたいなら拘った方がいいです。

 

血糖値いいと成分も

 


ほうじ茶とサラシアプラスで血糖値を改善

▼サラシアプラス 公式サイトはこちら▼

コース 価格 内容量
初回限定 5,184円 60本入り

このお茶に含まれているサラシアは血糖値対策として有名な成分で、糖の吸収をブロックする事ができます。
サラシアを飲む事で、α-グルコシダーゼという消化酵素を抑える事ができます。

 

この消化酵素が活発に働かくとブドウ糖が急激に増えて食後の血糖値が高くなってしまいます。
また、ほうじ茶なので緑茶と同様の働きがあって緑茶よりもカフェインが少ないです。

 

ほうじ茶が好きな人はこの商品がオススメです。

アグリのしあわせ健康茶

▼アグリのしあわせ健康茶 公式サイトはこちら▼

コース 価格 内容量
お試し 1,780円 1袋
定期 1,602円 1袋
定期トクコース 3,204円 2袋

漢方の健康茶で糖質サポートのための成分が豊富に含まれています。
ピニトールと同じ作用を持っていると言われているチャランチンやサラシアなどが含まれています。

 

また、桑葉も含まれているのでDNJと呼ばれている成分で糖質の吸収を抑える働きがあります。

 

糖質対策だけでなく飲みやすさも追及していて満足度が高いです。