食前にオリゴ糖を飲むと血糖値を上昇を抑え食後高血糖を上げない

血糖値の上昇を抑えるのがオリゴ糖

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

こんにちは、血糖値について調べている中島です。
便秘にいいオリゴ糖をとる事で血糖値の上昇を抑える事が出来ると聞いたので調べました。

 

食前にオリゴ糖を取る事でインスリンの分泌を促すことが食後高血糖地を防ぐ事に期待が出来ます。

 

血糖値が気になる人はオリゴ糖で対策をしてもいいかもしれませんね。


まずはオリゴ糖を知ろう!

 

オリゴ糖って何?

そもそもオリゴ糖って何?便秘にいいと聞いた事があるけどいまいち分かっていない人が多いです。
オリゴ糖は、多糖類の1つで3〜9種類の単糖類が結合したのをオリゴ糖と呼んでいます。

 

10種類以上が多糖類と呼ばれています。

 

オリゴ糖も20種類ぐらいあって、「フラクトオリゴ糖」、「ガラクトオリゴ糖」、「乳果オリゴ糖」などがあり消化されにくいのが特徴で善玉菌の餌になるので腸内環境がよくなると言われています。

 

腸内環境がよくなれば便秘の改善にもつながるのでオリゴ糖は便秘にいいと言われているわけです。

オリゴ糖に期待できる効果とは? 

オリゴ糖は、血糖値以外にも期待できることがあります。
オリゴ糖によって腸内の善玉菌が増えて、血中のコ善玉レステロールが増えると言われています。
善玉コレステロールが増える事で、血中の中性脂肪を抑えて動脈硬化の予防にもなります。

 

腸内環境が悪くなると老廃物が溜って、悪玉菌が増殖します。
この老廃物がニキビや吹き出物などのお肌のトラブルの原因になります。

 

だから、腸内環境が良くなれば美肌にも効果的だと言われています。

1日の摂取量はどのくらい?

オリゴ糖の摂取量は、1日に5g程度が望ましいと言われています。

オリゴ糖が血糖値にいい理由とは?

 

GI値が低く分解されない

オリゴ糖は、GI値が低く10〜30での値です。
ブドウ糖のGI値が100で砂糖が99〜110と言われています。

 

GI値が60以上だと血糖値が上昇しやすいので、オリゴ糖は血糖値を上昇されない糖質です。

 

オリゴ糖が血糖値を上昇させないのが、体内の消化酵素ではオリゴ糖を分解できないからです。
本来は、体内に多糖類が入るとアミラーゼなどの消化酵素が働いて多糖類からブドウ糖にまで分解されます。

 

それが、小腸から血管に吸収されて肝臓をへて血液中に入り、血糖値が急上昇します。

 

しかし、オリゴ糖はオリゴ糖のまま分解されずに大腸まで届き、ビフィズス菌の餌となって腸内環境を良くします。
だから、オリゴ糖を摂取しても血糖値が上がりません。

オリゴ糖がインスリンの分泌を促す

炭水化物を食べていくと血糖値が上がっていきます。
それをコントロールしているのが膵臓から分泌されるホルモンのインスリンです。

 

インスリンは、血液中の糖質に反応して分泌するともう一つあります。

 

それは、糖質に反応して腸からインクレチンが分泌されて、そのインクレチンに反応してインスリンが分泌されます。

 

このインクレチンを分泌させる事でインスリンがもっと分泌されるので血糖値をコントロールしやすくなります。

 

インクレチンはどうしら分泌できるのか?
残念な事にインクレチンもインスリンと同様に糖質に反応して分泌されます。

 

炭水化物などの糖質を取ったときに分泌されるため、余計に血糖値が上がってしまうリスクがあります。

 

それを解消するために、オリゴ糖です。
オリゴ糖は、糖質ではありますがほとんど吸収しない難消化性の甘味料なんです。

 

これを食前の前に摂取する事で、腸がこれを糖質だと判断してインクレチンが分泌されます。
それに伴ってインスリンが分泌されるという仕組みです。

 

食事の5分から10分前ぐらいを目安にのも始める事で食事のときにインスリンが準備された状態になっています。

 

血糖値が高い人も食後の血糖値を抑える事が出来ると思います。

カイテキオリゴ糖が人気

 

血糖値対策としてオリゴ糖を使うのはありだと思います。
オリゴ糖で血糖値を改善するのではなく、血糖値の上昇を抑える事が出来ます。

 

インスリンの分泌を抑える事が出来るので肝臓を休める事が出来ます。

 

そういった意味では、血糖値の対策のサポートにはなると思います。、
食前に紅茶にオリゴ糖を入れて飲むと食後高血糖を抑える事が出来ると思います。


▼カイテキオリゴ糖 公式サイトはこちら▼

コース 料金 内容量
お試し 2,838円 1ヶ月分
お試し定期コース 2,554円 1ヶ月分
基本定期コース 2,412円 1ヶ月分
年間コース 2,270円 1ヶ月分

血糖値対策でオリゴ糖を使う

糖質が含まれていない物であれば問題はありません。
紅茶のストレートやブラックコーヒーに入れて飲むのが良いと思います。

 

普通のお水に入れて飲んでも構わないですし、ティーンスプーン1杯程度をいれて食前に飲むのが良いです。