玉ねぎが血液をサラサラにし血糖値を下げる働きがある野菜です

玉ねぎには、辛み成分である硫化アリルが含まれています。硫化アリルは、血液をサラサラにするだけでなくインスリンを活発化にもするので血糖値を下げる事が出来ます。

 

タマネギには、辛み成分である硫化アリルが含まれています。

 

硫化アリルには、2つの働きがあります。
その働きとは、血液をサラサラにする事とインスリンの分泌を活発化させます。

 

両方とも血糖値を下げたい方にとっては、非常に重要な成分んいなってきます。

 

血液がサラサラになる

硫化アリルは、血栓を溶かして、血液をサラサラにする働きがあります。

 

また、ケルセチンも含まれているため抗酸化作用も強く活性酸素を除去します。

 

すると、血管内皮を傷をつけていた物がなくなるのでこれ以上悪くする事がなくなります。

 

他にもグルタチオン酸という抗酸化作用の成分がたまねぎには入っています。

 

インスリンの分泌をよくする

硫化アリルは、ビタミンB1と結合すると、インスリンの分泌を活発化させます。

 

それは、血糖値を下げる力よりも強いと入れています。

 

血糖値を下げたい方は、インスリンの分泌に問題がある場合が多いので玉ねぎは有効だと考えています。

 

玉ねぎの調理の注意点

タマネギに含まれる硫化アリルは、水につけると流れ出てしまいます。

 

辛みが苦手な人もいるので加熱して甘みを出して食べましょう。
加熱しても問題はありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加