ゴーヤは栄養が豊富で抗酸化物質が多く高血糖の人におすすめ

ゴーヤがなんで血糖値にいいのでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

こんにちは、血糖値について調べている中島です。
沖縄で有名なゴーヤが血糖値に良いと聞いたので調べてみました。

 

一度だけゴーヤを食べた事がありますが、ちょっと苦みがきつくてあまり好きではありません(笑)

 

そんなゴーヤなんですが、調べてみると血糖値にかなりよく苦みが苦手な人のためにサプリメントもあるので効率的に摂る事が出来ます。


ゴーヤが血糖値に良い理由とは?


ゴーヤは栄養が豊富な食べ物 

沖縄県で有名なゴーヤ(ニガウリ)は、栄養価が高い野菜です。
食物繊維が非常に豊富で、他にもビタミンC、カロチンなどが含まれています。

 

・食物繊維 3.9g
・脂質 0.12g 
・カリウム 260r
・ビタミンB1 0.05r
・ナイアシン 0.3r *ナイアシンは糖質の分解を促進します
・ビタミンB6 0.06r
・ビタミンC 76r *トマトやキュウリの5倍異常
・ビタミンE 0.9r

 

以上のような成分が含まれています。
そんなゴーヤですが、血糖値とどのような関係があるのでしょうか?

食物繊維が豊富で糖の吸収を抑える

ゴーヤは、食物繊維がたっぷりと含まれています。
その食物繊維には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があり両方とも含まれています。

 

水溶性食物繊維は、こまくなるとその繊維の中に水分や栄養を吸収します。
その中に、糖や脂肪を包み込んで体外に出す働きがあります。

 

また、水分などを含むと膨張するので、消化器官での移動が遅くなるので糖の吸収を抑える事につながるので血糖値の上昇を抑える事が出来ます。

 

不溶性食物繊維には、腸の蠕動運動をして便秘の解消や腸内の老廃物を外に出します。
水溶性食物繊維とどうように、胃から小腸への移動をゆっくりにするので、糖の消化をゆっくりにするので血糖値の改善になります。

 

血糖値対策の1つとして、食物繊維をしっかり取る事は大切なんです。

抗酸化作用が強い

ゴーヤには、ビタミン類やカロテンが含まれていて抗酸化作用に期待する事が出来ます。
抗酸化作用は、非常に重要で血管をしなやかにすることが出来ます。

 

酸化力の強い活性酸素が細胞を傷つける事で、内臓機能を低下させます。
機能が低下すると、インスリンを分泌が鈍ってしまいます。

 

抗酸化作用で老化を抑えるとインスリの分泌がよくなって血糖値を改善する事につながります。

苦み成分が高い血糖値に作用する

ゴーヤを食べると苦いのは苦い成分が含まれているからです。
その苦み成分がククルビタミンやキャランチン、コロソリン酸が含まれています。
特に、キャラチンはサポニンの一種で血糖値をコントロールする作用があります。

 

膵臓の細胞を活発化させるので、インスリンの働きもよくなるので血糖値が高いときにだけ作用します。

 

また、コロソンリン酸という成分も含まれていてタンパク質の一種で植物インスリンとも呼ばれています。
ゴーヤは、血糖値を改善するのにいい野菜と言えます。

ゴーヤサプリで血糖値を改善する

ゴーヤが苦手な人が非常に多く、私も苦手な1人です。
そのゴーヤですが、効率よく摂りたいならゴーヤサプリがお勧めです。

 

▼糖素減 公式サイトはこちら▼


糖素減の料金について

通常コースと定期コースの両方が1万円以上もするので、かなり高めだと思います。
定期コースも6回縛りなので、ちょっと手が出しにくいです。

 

もし、始めるならまずはお試しから初めて気に入ったら定期コースから始める事がおすすめです。