山いものムチンが血糖値の上昇を抑えて糖尿病を予防する

山いもには、ムチンという食物繊維の成分が含まれています。そのため、血糖値の急上昇を抑える事ができます。普段の食事からも摂りやすいのでおすすめです。

 

山いもは、いも類の中でも唯一生で食べる事が出来ます。
スーパーでも手軽に購入ができるので山いもののりワサビ和えなんかおすすめです。

 

たんぱく質やミネラルが摂れるので健康にいいです。

 

山芋といえば、あのネバネバした物です。
ネバネバした成分がムチンで食物繊維です。

 

ムチンが含まれているため、血糖値の急上昇を抑えたり、糖の吸収を抑える働きがあります。

 

血糖値が急激に増えないので、膵臓の負担も軽くなりインスリンの分泌も少なくて済みます。

 

膵臓に負担がかかった食事をし続けると結果、インスリンの分泌が悪くなり血糖値が高くなってしまいます。
だから、食物繊維を摂る事がとても大切な事なんです。

 

また、山芋には、消化吸収をサポートするアミラーゼも豊富に含まれています。
消化をスムーズにしてくれるものです。

 

サポニンも含まれている

サポニンは、血糖値が高い人におすすめの成分として有名です。

 

血糖値サプリでもサポニンを主体とした物が販売されています。

 

そのサポニンは山芋でも取れて、コレステロールを除去したり、肝臓の機能を回復する働きがあります。

 

肝臓の機能が高くなれば糖質を処理する箇所なので当然血糖値をコントロールするチカラが戻ります。

 

山芋には、抗酸化物質も含まれているので活性酸素を除去をして体を守ってくれます。

 

山芋の注意点

山芋に含まれるムチンは、熱に弱いです。
調理するときは、生で食べるのがおすすめです。

 

ただ、山芋がいいからといって食べ過ぎには注意が必要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加