セロリに含まれるピラジンが東洋医学では鎮痛や解熱で使われていた

セロリは、血液をサラサラにします。香り成分であるピラジンが含まれているからです。セロリが苦手な方は多いので無理はしない量で食べるのがいいです。

 

セロリが苦手な人はとても多いですね。
あまり、無理して食べなくても大丈夫です。

 

他の食材で補うという考え方で大丈夫です。
でも、好きな人からしたら血糖値を下げる事ができるチャンスでもあります。

 

セロリは、普段は食べないけど好きだよ!という人は、積極的に食べるといいです。

 

セロリは、元々東洋医学で鎮痛や解熱に使われていました。
これは、理に適っていると言われています。

 

セロリは、香り成分であるピラジンを豊富に含んでいるために血液をサラサラにして血糖値を下げる働きがあります。

 

ピラジンは、特に葉の部分に豊富に含まれています。
その部分を中心に食べるのが効率的に摂る方法です。

 

セロリには利尿作用がある

セロリには、利尿作用があるカリウムも含まれています。

 

尿の出をよくする事で、汚いドロドロの血液をサラサラにするきっかけにもなります。

 

カリウムには、体内の余分なナトリウムを体の外に出して血圧の上昇を抑える事が出来ます。

 

セロリはミネラルやビタミンも豊富

セロリは、ミネラルやビタミンも含まれています。

 

抗酸化作用があるので活性酸素を除去することもできますし、体の循環機能や肝機能を改善する働きがあります。

 

また、アピインという香り成分も注目が集まっていてリラックス効果や神経を改善する働きがあると言われています。

 

セロリは苦手な人が多いですが、血糖値を改善するにはおすすめの食材なんです。

このエントリーをはてなブックマークに追加