糖質が多いじゃがいは第3の脂肪を減らす事ができる食材の一つ

糖質が多いじゃがいもは、食べ過ぎには注意したいです。しかし、適量であれば第三の脂肪を減少する食材でもあり、食物繊維が豊富なので満腹感が得られる食材なんです。

 

じゃがいもは、糖質が含まれているので食べ過ぎには注意したい食材です。
ついつい食べ過ぎては、血糖値を上げる原因にもなります。

 

じゃがいもは、第3の脂肪を減少する働きがあります。
第3の脂肪とは、心臓、筋肉、肝臓、膵臓、賢藏にたまる異所性脂肪の事です。

 

これらが原因で高血糖や高血圧を引き越します。

 

さて、じゃがいもは、糖質が多いのですがその反面食物繊維も豊富に含まれています。

 

食物繊維の働きで、コレステロールが下がったり、食べた物が腸に溜るので満腹感も出てきます。
また、急な血糖値の上昇をおさえてくれます。

 

満腹感も出てくるので食べ過ぎのも防止にもなります。

 

じゃがいもにはオスモチンが含まれている

オスモチサンとは、脂肪や糖の燃焼を促進する働きがります。
糖が燃焼すればそれだけ血糖値も下がるので血糖値対策にもなるんです。

 

また、動脈硬化の防止にも期待が出来ます。

このエントリーをはてなブックマークに追加