プルーンは低GI食品で血糖値をコントロールしやすくなる

プルーンは、果物の中でも血糖値を上げにくい果物として知られています。低GI食品で食物繊維が豊富です。ヨーグルトと一緒に食べるのもおすすめです。

 

プルーンは、低GI食品として知られています。
血糖値をコントロールする上で非常に大切な値です。

 

GI値(グリセミック・インデックス)といい、その食品がそれくらい血糖値を上げるのかを表した数値です。

 

だから、食べるときにこのGI値が低い物を選ぶ事が血糖値を下げるために必要な事なんです。

 

プルーンは、低FGIで糖質も果糖なので血糖値を上げにくい事が知られています。
そのため、果物類は血糖値を上げにくいと言われています。

 

ブドウ糖のGI値を100とすると、プルーンのGI値は29とひくいです。

 

しかし、落とし穴があって果糖を摂り続けると血糖値が上がりやすくなる事が分かっています。
短期的には、血糖値を上げない果物で優秀なのですが、長期的に見ると血糖値には悪い糖質なんです。

 

だから、間隔を空けて食べるのが血糖値を下げるためのコツです。

 

プルーンは、食物繊維も豊富です。
水溶性食物繊維も不溶性食物繊維の両方を豊富に含んでいます。

 

水溶性食物繊維は、インスリンの効果を高める働きがあり、血糖値をコントロールする事が出来ます。

 

ドライプルーンが一番良い

ドライプルーンになると、食物繊維の量が生の約3.8倍の含有量になります。

 

それは、りんごの約5倍にもなります。

 

ドライプルーンの方g効率的に食物繊維を摂取する事が出来ます。

 

プルーンを食べるときは、ヨーグルトと一緒に食べるのがいいですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加