糖尿病には4つのタイプがあり血糖値が高い人程危ない

糖尿病には4つのタイプがあります。特に、気を付けなければならないのは、2型糖尿病です。生活習慣が悪く血糖値が高い人はかなり危ないので改善する事が大切です。

 

糖尿病には4つのタイプがあります。

  • T型糖尿病
  • U型糖尿病
  • 特定の原因によるその他の糖尿病
  • 妊娠糖尿病

 

この4つのタイプがあります。

 

T型糖尿病について

T型糖尿病は、インスリンがほとんど分泌されない状況です。
膵臓のランゲルハンス島のβ細胞が破壊されてしまって、インスリンを分泌する量が明らかに少ない状態です。

 

最近では、10代の若い人にとても多いのが特徴で、急に現れます。
インスリン注射をしないといけませんし、薬もあまり有効ではないという事です。

 

U型糖尿病について

最も多いのがこの2型糖尿病です。
T型と似ているのですが、インスリンの分泌量が少ない、分泌するタイミングが遅い、インスリン抵抗性による作用の低下が原因です。
また、これらが複合している事もあります。

 

日本人が糖尿病になるならほとんふどがこのタイプになります。

 

中高年に多く、血糖値が高い人がなりやすいです。
健康診断や人間ドックで血糖値が高めの数値が出たのならすぐに対策をするべきです。

 

特定の原因によるその他の糖尿病

他の病気によって引きおこってしまう糖尿病です。

 

膵臓癌や膵炎によるものです。
遺伝による糖尿病もこれに含まれます。

 

妊娠糖尿病

妊娠をきっかけに発見さらて糖尿病です。

 

妊娠中は、血糖値を高くするホルモンが分泌されるため糖尿病になりやすいです。

 

妊娠期だけ現れる症状で出産後は正常に戻ります。
中には、数年して発病してしまう事があるそうです。

 

血糖値が高いのはよくない

私達が気を付けなければならないのは、2型糖尿病です。

 

糖質を摂りすぎたために、インスリンの分泌が悪くなった結果です。
つまり、血糖値が高いと指摘されているときに改善すれば糖尿病を予防する事ができるわけです。

 

そのために、私達がやらなければならない事は、食事療法と運動療法です。

 

食事では、今まで摂りすぎていた糖質を制限しなければいけません。
また、インスリンが活発化するような成分が入っている食べ物や食べ方で血糖値を下げる事が出来ます。

 

食事は、今までよりも気を付けなければならないですし、ごはんの量も少なめにする必要があります。
間食も糖質を制限した物がいいです。

 

また、時間がないという理由で運動ができないという人もちょっと意識をかえるだけで効果があります。

 

定番の階段を上るとか、電車では座るのではなく立っているとか、帰ってもテレビを見ながら筋トレを軽くやるなどいくらでも隙間時間に出来ると思います。

 

ちょっとした対策が血糖値を下げるサポートにもつながります。

 

中には、サプリで血糖値を下げるサポートも出来ます。
時間がない人程使っていきたい物です。

 

ですが、サプリメントに頼り切るのではなく食事と運動の両方から改善していく事がとても大切になってきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加