不溶性食物繊維が血糖値の上昇を抑えて腸内をキレイにする

不溶性食物繊維は、腸内環境を改善するためにとてもいい成分です。綺麗な腸にする事で糖尿病の合併症を防ぐ事が出来ます。また、血糖値を下げる働きもあります。

 

不溶性食物繊維は、水に溶けない食物繊維の事です。
水には溶けずに体内で吸収されない食物繊維なんです。

 

この不溶性食物繊維には2つの役割があります。
腸内環境を改善する働きと消化吸収をゆっくりにする事です。

 

どちらも、糖尿病の合併症のリスクを下げますし、血糖値の上昇を緩やかにします。

 

腸内環境を改善する

不溶性食物繊維が体内に入ると、大腸で水分を吸収します。
便のカサを増やしたり、やわらかくしたり、排便をスムーズにします。

 

便秘や大腸がんの予防にもなると言われています。

 

腸は、常にキレイな状態にする事が大切です。
腸内が汚いと体の調子が悪くなったり、病気になりやすくなります。

 

腸には免疫力や自己治癒力を高める細胞がたくさんいます。

 

腸内がきれいだtこの細胞たちも元気なのですが、いつまでも便が残っていると細胞たちは元気がなくなってしまい本来の力を発揮する事が出来なくなります。

 

本来の力をだすためにも不溶性食物繊維で腸内をきれいにしておきましょう。

 

消化吸収がゆっくりになる

胃の中では、タンパク質、糖質、脂質が分解されます。
このときに、不溶性食物繊維を一緒にとる事で、不溶性食物繊維とその食べ物の分解物がくっついて小腸に送られる時間が遅くなります。

 

すると、吸収する時間も遅くなるので糖質の吸収が遅くなるので急激な血糖値の上昇を抑える事が出来ます。

 

だから、不溶性食物繊維は血糖値を下げるためにも毎食とりたいのです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加