水溶性食物繊維は胃から腸へゆっくり送るから血糖値を抑える事ができる

水溶性食物繊維は、消化・吸収を穏やかにする働きがあります。食後の高血糖を防ぐ働きがあります。血糖値が高い人は食べるようにしましょう。

 

水溶性食物繊維は、水に溶ける食物繊維です。
水には溶けますが、不溶性食物繊維と同じような働きをします。

 

食物繊維を多く含む食べ物は、歯ごたえもあり噛む海図うが増えます。
そのれで食事がゆっくりになり血糖値を下げる事にもつながります。

 

また、かみ砕いあ物は、腸内で水分や他の栄養素を吸収し膨張します。
すると、消化管内で移動がゆっくりになります。

 

水溶性なので水には溶けるのですが、昆布やわかめなどのヌルヌルした感じが水溶性食物繊維です。

 

水に溶けても粘土が高くてトロトロしたゼリー状になります。
そのためゆっくりとした移動になるので、糖の消化と吸収がゆっくりになります。

 

だから水溶性食物繊維は血糖値を下げるのに効果的なわけです。

 

実際には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方を摂る事になります。
だから、両方の働きが得られるので食物繊維を豊富に摂る事だけに意識をした方がいいです。

 

食事のときは、サラダを必ず食べるようにする。
豆類やキノコ類も一緒に食べるとさらにいいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加