さばの水煮缶にはインスリンの分泌を促すGLP-1が含まれている

さばの水煮には、やせるホルモンと言われているGLP-1が含まれています。GLP-1はインスリンの分泌を促すので血糖値を下げる事が出来ます。

 

さばの水煮にGLP-1が豊富に含まれているわけではありません。
GLP-1は食品から摂る事が出来ません。

 

では、GLP-1はどうしたら分泌されるのでしょうか?

 

それは、魚に含まれるEPAがGLP-1を分泌させるのです。
このEPAは、魚の脂肪に含まれている不飽和脂肪酸と呼ばれています。

 

血栓を防いで、血液をサラサラにして血液中のコレステロールや中性脂肪を減少させる働きがあります。
このEPAが一番含まれているのがサバなんです。

 

ただ、鯖が苦手な人もいます。
そういう人は、鯖ではなくいわしやまぐろから摂るのもありなんです。

 

GLP-1の働きとは?

GLP-1は、EPAを摂らないと分泌しない事は分かりましたか?

 

さて、GLP-1は、痩せるホルモンだと言われてテレビでも話題になりました。
小腸から分泌されるホルモンで正式名所は、グルカゴン様ペプチド-1と言います。

 

これは、インスリンの分泌を促す働きや食欲を抑える働きがあります。

 

インスリンを分泌すれば血糖値を抑える事ができますし、食欲を抑える事ができれば肥満の防止にもなります。

 

だから、やせるホルモンなんて言われてるわけです。

このエントリーをはてなブックマークに追加