するめのアミノ酸アルギニンが血糖値を下げる事ができる

するめには、豊富なアミノ酸アルギニンが<br />含まれています。血糖値が高いと悩んでいる人は、するめを食べてインスリンの分泌を促す事で数値を下げる事が出来ます。

 

するめには、血糖値をコントロールする事が出来る成分が含まれています。
それは、アミノ酸アルギニンです。

 

これは、必須アミノ酸9種類の一つの成分です。

 

アミノ酸自体には、血糖値を抑えるインスリが膵臓から分泌を促す作用があります。
特に、アルギニンはその作用が強いという事が分かっています。

 

また、インスリンの感受性が弱い人でもそれを高める作用がある事も分かっています。

 

つまり、するめを食べるとアミノ酸アルギニンが取れます。
するとインスリンが分泌されるので血糖値を下げる事が出来るわけです。

 

実際にアルギニンと血糖値の関係を証明する論文まであります。

 

するめ自体もとても良い食べ物

するめは、食後血糖値の上昇もゆるやかです。
また、ほとんどがたんぱく質で出来ていて脂質が少ない低カロリーなのも良い点です。

このエントリーをはてなブックマークに追加