食べ方と食べる順番に気を付ける事が血糖値を下げる

食べ方と食べる順番を気を付けましょう。ちょっと食べ方を変えたり、食べる順番を変えるだけで血糖値を改善する事が出来ます。是非、実践してください。

 

血糖値が高い人は、食事の内容も悪い場合がありますが、食べ方や食べる順番も悪い可能性があります。

 

食べ方や食べる順番を改善する事で血糖値を下げる事が出来ます。

 

今一度自分の食べ方と食べる順番を見直してみましょう。

 

血糖値を下げる食べ方

ドカ食いや早食いはしていませんか?

 

短時間に大量に食べると糖を大量に摂取する事になります。
すると、急激に血糖値が上昇します。

 

そのため、インスリンの分泌が過剰になり一気に消費されてしまいます。

 

普段からドカ食いをしている人は、膵臓に負担かけ続けているのでインスリン分泌量が減ってしまう事につながります。
また、その働きが弱くなってしまいます。

 

食べ方が悪いと知らず知らずの内に膵臓にちょっとずつダメージが蓄積していきます。
気づいたら血糖値が上がりやすい体質になってしまうのです。

 

食べるときには、しっかり噛んでゆっくり食べる事が大切です。

 

総エネルギー量は同じにも関わらず、分けて食べる方が血糖値の上昇を抑える事ができます、

 

しっかり噛むという事は、一口に20回〜30回程度を目安にしましょう。

 

最近では、テレビが普及してテレビを見ながら食べるという人や家庭が増えて来ています。

 

テレビを見ながら食べるとゆっくりになりますが、その反面食べ過ぎてしまう事があるので注意が必要です。
あらかじめ、量を決めるなど工夫はした方が良いです。

 

食べる順番が大事

食べる順番はとても大切なんです。
一番始めに炭水化物から食べると血糖値が上がりやすくなります。

 

いわゆる、ベジ・ファーストと言われる野菜サラダから食べる事で血糖値の上昇を抑える事が出来ます。

 

食物繊維が一番始めじゃないといけないわけではありません。
低カロリーの物から食べる事で血糖値の上昇が緩やかになります。

 

糖質が多い白米を一番始めに食べるのと、食物繊維が法うな食べ物から食べるのではな糖の吸収の速度が変わります。

 

食物繊維が体内に先に入っている事が大切なんです。

 

サラダだけでなく、きのこ類や海藻、こんにゃくがお勧めです。
特に白米を食べうるときは、納豆ごはんにして食べたり、糸こんにゃくを混ぜたごはんも糖質を抑えられるのでいいですよ。

 

食事の仕方や食べる順番をちょっと変えるだけで、血糖値を改善する事は出来ます。
もちろん、今まで糖質の摂りすぎていた事もあるので、糖質制限はしなければいけません。

このエントリーをはてなブックマークに追加