ピニトールが血糖値を下げる働きありインスリンを働きを助ける

ピニトールは血糖値を下げるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

こんにちは、血糖値について調べている中島です。
ピニトールが血糖値に良いという事で調べてみました!

 

ピニトールは世界の保健機関も認める成分で、米国食品医薬品局にて、ダイエタリーサプリメントとして認定されています。

 

その注目されているピニトールはどのように血糖値がいいのか解説していきます。
インスリンの分泌が悪い人にお勧めの成分でした!


ピニトールを徹底解説


ピニトールとは?

ピニトールは、水溶性ビタミンであるイノシトールの一種です。
ブーゲンビリアからはじめに発見されました。

 

このピニトールは、植物性インスリン物質と呼ばれており血糖値の改善に期待されています。
乾燥地帯のマメ科の植物や大豆類に含まれています。

 

ピニトールは植物の体内では保水成分として機能していることが分かっています。
このピニトールは、血糖値に何がいいのでしょうか?

ピニトールが血糖値にいい理由とは?

ピニトールは、インスリンの分泌をよくする働きがあります。
そもそも、血糖値というのは、血液中にブドウ糖がたくさんあると血糖値が高くなります。

 

膵臓からインスリンが分泌されて血中のブドウ糖が筋肉細胞に取り込まれてグリコーゲンというエネルギーに変換されて血糖値が下がります。
しかし、このインスリンの効きが悪い人が血糖値が高くなってしまいます。

 

 

血液中のブドウ糖を筋肉組織・骨格筋に送る事をグルコーストランスポーター(糖輸送体)といってGULT4と呼ばれています。
ピニトールは、このGULT4を活発化するので血糖値の上昇を抑える事が出来ます。

 

血糖値が高い人は、このインスリンの分泌が悪いので効きをよくする事が重要です。

ピニトールは食事から取るのが大変

ピニトールは、1日300mg程取るのがいいですが、食品からとるととても大変です。
豆乳や大豆、ルイボスティーに豊富に含まれています。

 

ですが、豆乳なら800ml、大豆なら500粒、ルイボスティーなら100杯とらないと300mgを取る事が出来ませ。

 

聞いた事がないかもしれませんが、アイスプラントという野菜からピニトールが非常に豊富に取る事ができます。
アイスプラントは、大豆の約8.5倍やルイボス茶葉の30倍の含有量があります。

 

アイスプラントをそのまま食べる人が少ないのが現実だと思います。

 

そういう人は、サプリメントトでピニトールを摂取するのがお勧めです。

グラシトールなら1日で300mgを摂取

▼グラシトール 公式サイトはこちら▼


グラシトールの料金について

10日間のお試し期間があります。
いきなり定期コースで購入する必要はなく、10日間のお試しから始めると良いと思います。

 

また、定期ではなく1ヶ月分を購入する事もできて、税抜きで4,552円で購入する事が出来ます。

 

10日間では短いと感じるのであれば1ヶ月分から始めてみるのもありです。

グラシトールのおすすめポイント

グラシトールは、モンドセレクション4年連続で金賞を受賞しているサプリメントです。その点も評価が出来て信頼度もあります。

 

グラシトールは、ピニトールを使っていて血糖値対策として有効だと言われています。
ピニトールは、GULT4を活性化させて、骨格筋のエネルギーとして糖を取り込みます。それで、インスリン抵抗性を改善する事が出来ます。

 

GULT4は、高血糖によって働くなるので改善する事が血糖値を改善する事につながります。