【冷製が良い】レジスタントスターチで高血糖を抑える事が出来る

レジスタントスターチという言葉はご存知ですか?でんぷんは多糖類ですが冷えると食物繊維と似たような働きをします。それをレジスタントスターチと言います。

 

血糖値が高い人は、食事にきをつけた方がいいわけですがちょっとした工夫で血糖値を下げる事は出来ます。

 

その一つがこのレジスタントスターチです。

 

でんぷんはブドウ糖が多数結合して出来る多糖類の一種です。
じゃがいもなどのイモ類に含まれており食べると血糖値が上がります。

 

でんぷんは、消化酵素の働きでブドウ糖に分解されます。
それが小腸で吸収されて全身の細胞でエネルギーとして使われます。

 

でも、その一部で小腸で吸収されずに大腸までいく、食物繊維と同じような働きをする物を「レジスタントスターチ」といいます。

 

でんぷんを多く含んでいる、ごはん、イモ類、麺類が冷えると、でんぷんの一部がレジスタントスタートに変わります。

 

つまり、温かい食べ物よりも冷たい食べ物を食べる事ででんぷんの一部がレジスタントスターチに変わり血糖値を抑える食物繊維と似たような働きをします。

 

レジスタントスターチの例を見ていきましょう。

 

レジスタントの食事例

 

温かいご飯よりも冷えたご飯の方がいいです。
しかし、冷えたご飯はあまり食べる気がしないですよね?

 

だから、おにぎりでもいいですし、手巻きずしで食べてもいいですね。
ただ、酢飯を作るときは砂糖をいれないようにしましょう。

 

ちなみに、酢飯にすると酢に含まれている酢酸が血糖値の上昇を抑えるのでよりいんです。

 


かけそばよりもざるそ、かえうどんよりもざるうどんの方がいいです。

 

といっても炭水化物の塊なので、食べるときには薬味に刻みネギや大根おろし、野菜を入れて食べましょう。

 

ラーメンでも同じ事いえます。
ラーメンよりもつけめんの方がよく、食べるときはたんぱく質や食物繊維がはいあった野菜も一緒に食べましょう。

 

ただ、冷えた物ばかり食べるのは体も冷えてしまい体によくありません。

 

あくまでも、選択の一つで、最近温かい物が増えたから今日は冷えた物を食べよう!という意識を持つ事で偏りがなくなりバランスが取れた食事になります。

 

また、ちょとした工夫でレジスタントスターチを食べる事も出来ます。
いつも、昼食は外食ばかりの人は、お家で作った弁当やおにぎりを持っていき、昼食頃には冷めているのでレジスタントスターチに変わっています。

 

電子レンジで温めてしまっては、また元に戻ってしまうので温めずに食べましょう。
せっかく、血糖値の上昇を抑える事ができるのにもったいないですよ。

 

食事と一緒に血糖値を下げるサポートをするサプリメントを飲むのも一つの手だと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加