ALAがミトコンドリアを元気にして糖の消費して血糖値を下げる

ALA(アラ)が新しい血糖値対策に!

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

こんにちは、血糖値について調べている中島です。
世界一受けたい授業で紹介されていらALA(アラ)について調べました。

 

血糖値が高い人や糖尿病予備軍の人には重要な成分です。

 

今までとは違ったアプローチでの血糖値対策になります。
その点についても紹介していきます。


ALAが新しい血糖値対策に!

ALAって何?

ALAは、アミノ酸の一種で5-アミノレブリン酸やγ-レブリン酸とも呼ばれています。
約30億年前から地球上に存在している成分です。

 

ALAは、私達の身体にも存在していますし、植物や動物にもALAは存在しています。
ALAは、体内のミトコンドリアで作られていて、ALAとミトコンドリアは非常に深い関係にあります。

 

ALAを知るためには、ミトコンドリアの働きを知る必要があります。

ミトコンドリアがエネルギーを作る仕組みとは?

ミトコンドリアは、一度は聞いた事があると思います。
ミトコンドリアは、体中の細胞の中に存在していて、私達が活動するためのエネルギーを作っています。

 

食事から得た栄養を呼吸で得た酸素で燃やしてエネルギーを作っているんです。
このときに、糖も一緒に燃やしていいるので血糖値の上昇を抑える事につながります。

 

このミトコンドリアには、加齢によって数が減ったり質が悪くなってしまいます。

 

そのため、歳を取るとなんだか体が疲れやすくなったり、悪玉活性酸素を大量に発生させるので細胞や肌が老化してしまいます。
ミトコンドリアを元気にして質をよくすることは大切な事なんです。

 

ALAが血糖値を下げる理由とは?

ALAは、ミトコンドリアの代謝を活発にする作用があります。
糖の代謝を燃やす事をATPと言いますが、ALAを取る事でATPが増加するので、血糖値を下げる事が出来ます。

 

ALAは、体内に入ると鉄分と結び付いてヘムという物質に変化して体中に行き渡ります。
そのときに、ミトコンドリアに作用して糖の代謝を高めます。

 

他にも、抗酸化酵素(カタラーゼ)となって体内の活性酸素を除去したり、肝臓内の毒素を分解する酵素にもなります。

 

ALAは、頭から足までの全細胞60兆個働きかけます。
ALAが作られてしっかりと作用すれば体が老化していくスピードを落とすことに期待が出来ます。

 

もちろん、糖の代謝がアップすれば血糖値の改善につながるでしょう!

ALAはどんどん減っていってしまう?

 

ALAが減ってしまう理由とは? 

ALAは、体内のミトコンドリアで作られる成分ですが、その数は減少してしまいます。
それは、加齢やストレス、運動不足による事が大きいと言われています。

 

実際に、ALAの量と年齢を見ていくと年齢に比例してALAの生産量は落ちていきます。
60歳になったときは、ALAの産生量は半分にまで落ちてしまいます。

 

若いときは、ALAの事はいいのですが、30代後半からALAを積極的に摂るのがいいと思います。

 

ALAは、体内で作られますが、食事からもとる事が出来ます。
ALAを食事からとっても良い事が分かりました。

食事やサプリからALAは取る事が出来る

ALAは、体内で作られるから食事からとっても同じような作用を期待が出来るのか不安ですが、最近の研究では食事からとったALAが細胞内のミトコンドリアに取り込まれる事が確認されています。

 

食事からALAを摂れるので不足しがちになっている人は積極的に摂ると良いです。
ALAは特別な成分ではなくほとんどの食品から摂る事が出来ます。

 

いか、たこ、牛肉
ほうれん草、かいわれ大根、ピーマン、トマト
ワイン、黒酢、日本酒、みそ

 

以上のような食品から取る事が出来ます。
どれも日常的に摂っている物がほとんどだと思います。

 

ただ、食事だけではカバーする事ができないのが、30代後半です。
サプリメントで足りない分を補給するのがお勧めです。

糖ダウンのご紹介

▼糖ダウン 公式サイトはこちら▼



糖ダウンの料金について

糖ダウンではお試し1ヶ月で4,900円から始める事が出来ます。

 

値段も少し高めではありますが、定期購入であれば1ヶ月分が3,920円なのでそこまで高い値段ではありません。

 

また、1日当たりのコストも131円なので経済的な負担は少ないです。

糖ダウンのおすすめポイント

今までの血糖値サプリは、糖の吸収を抑える事で血糖値を改善するのが目的でしたが、糖ダウンはALAの力を借りて糖の代謝を促して血糖値を改善します。

 

糖の吸収ではなくミトコンドリアに働きかけるので食前に飲んだりしなくても、いつでも飲む事が出来るので飲み忘れの防止にもなります。