血糖値が高い人は脂質も制限するべきなのか?

血糖値が高い人は脂質も制限する必要があるのでしょうか?糖質はもちろん制限しなければなりませんが脂質は制限する必要がありません。ただ、適量は守りましょう。

 

血糖値を下げる分には、脂質は制限する必要がないと考えています。
血糖値を上昇させるのは、糖質だけです。

 

たんぱく質や脂質と一緒に糖質を食べると血糖値の上昇を抑える事が出来るため、脂質を制限する必要はありません。

 

脂質は、体に悪い殻取らない方がいいと言われてきましたが、最近では真逆になってきています。

 

脂質を制限しても何も良い事がない!
制限する必要もなくむしろ摂るべきだ!という考えになっています。

 

魚の油で有名なオメガ3は、しっかりと食べた方が生存率が高いというデータがあります。
そういう事を考えると魚の油をは摂るべきだと考えています。

 

また、脂質を制限しても糖尿病の発症率が減少しない、むしろ増えている事から脂質制限は血糖値を下げる事は無いという事です。

 

植物性油も大丈夫?

オメガ6と呼ばれている植物性の油と一価不飽和脂肪酸と呼ばれるオメガ9のオリーブ油も摂った方がいい油です。

 

油をたくさん摂った方が動脈硬化の発症率が30%低いというデータがあります。
この事から、植物性油とオリーブ油も摂った方が良いという事になります。

 

実験では、ナッツが1日1つかみで、オリーブ油は1週間で1リットルの量です。
これ以上摂っている人は、あまり日本人ではいないのではないでしょうか?

 

もしかしたら、普段よりももう少し油を摂っラ方が体にいいのかもしれません。

 

動物性油はどうなの?

動物性脂は、飽和脂肪酸です。
これは、国によってデータが異なるそうです。

 

日本人の場合は、摂ったところで、心筋酵素の発症率にほとんど変わりがないというデータがあります。

 

脳卒中に関してもあまり関がなく、むしろ摂取量が多い程、脳卒中のリスクを落とす事ができるそうです。

 

結論としては、動物性脂を食べた方が脳が保護される事が証明されたのです。

 

控えた方が良い油もある

脂にも危険だと考えられているものがあります。
トランス脂肪酸という人工的な脂と古くなった過酸化脂質という油です。

 

この2つは、体にはやはりよくないというのが現状です。
もしかしたら、また今後変わる可能性はありますが、今のところは食べない方が賢明だといえます。

 

アメリカでは、かなり一般的になっている事実です。
アメリカの食事摂取基準には、食べるコレステロールは制限しないですし、油も制限しません。
心臓病の予防にも肥満の予防にもならないからです。

 

という事が記載されています。
だから脂質を制限するのではなく糖質を制限しない事には血糖値を改善する事は出来ません。

このエントリーをはてなブックマークに追加