血糖値の上昇を抑えるヤーコン茶

ヤーコン茶が血糖値を抑える

 

ヤーコン茶には食後血糖値を抑える働きがあります。近年発表されたばかりで、詳しいメカニズムについてまだまだ未知数の部分が多いです。

 

そもそも、ヤーコンの木は、大きな葉を持ち、10〜20個のいもをつけているキク科の植物です。世界でも長寿として知られているビルカバンバで古くから栽培されており、いもは食用で葉は民間薬として利用されていました。

 

ポリフェノールが糖の吸収を抑える

ヤーコンの葉の部位には、ポリフェノール、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどのミネラル類が豊富に含まれています。葉に含まれているポリフェノールの1つがインスリンと同様の働きをして食後血糖値を抑える成分がある事が分かりました。

 

詳しい事はまだ分かっていませんが、インスリンを分泌する膵臓に負担をかける事なく糖の吸収を抑える事ができて、血糖値の上昇を抑える事が出来るんです。

 

血糖値が高い人は、食生活が悪い人が多いので脂質も多く摂っている方が多いです。ヤーコン茶には、脂肪の代謝を促して、血液中のコレステロールや中性脂肪を減らす効果があります。

 

血糖値が高い人は合併症を引き起こす可能性があるので、そういう人にもヤーコン茶はお勧めなんです。

ヤーコンの血糖値以外の効果

ヤーコンの葉ではなくいもは生食が可能で、クロロゲン酸、フラボン類などの抗酸化物質が含まれています。そのため老化防止などにも期待する事が出来ます。

 

また、フラクトオリゴ糖も含まれており、ビフィズス菌などの善玉菌の餌になって繁殖させる事が出来ます。腸内フローラも改善する事が出来るので便秘解消にも期待が出来ます。

ヤーコン茶の飲み方

ヤーコンは、日本でも栽培されているので国内で飲む事が可能性です。生のいも、茶葉、ゼリーなどで加工されているのでネットで簡単に購入する事が出来ます。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

今回は、ヤーコン茶について紹介していきました。食後血糖値を抑える事が分かっていますが、詳しいメカニズムはこれからの研究で明らかになるでしょう。

 

ヤーコン茶を飲むときは、食前に飲むと良いと思います。ヤーコン茶だけでなく他にも血糖値の上昇を抑えられる物が多いので色々飲み物を楽しんでいった方が続くと思いますよ。