食後血糖値が気になる方にフィットライフコーヒー

食後血糖値が気になる方にフィットライフコーヒー

 

フィットライフコーヒーは、トクホ(特定保健用食品)で、食物繊維である難消化デキストリンが食事で得た糖の吸収をおだやかにする事が出来ます。そのため、食後血糖値が気になる方にお勧めです。

 

甘い食べ物を食べる前に、フィットライフコーヒーを飲む事で食後血糖値の上昇を抑える事が確認できています。普段飲んでいるコーヒーから乗り換えてみてはどうでしょうか?当サイトでもフィットライフコーヒーを購入したので体験レビューをご紹介していきます。

 

▼公式サイトはこちら▼

 

フィットライフコーヒーのお試し版を購入

 

お試しコースは、税込みで540円と非常に安い価格なので手軽に購入する事が出来ます。郵便受けがあれ郵便ポストに入れてくれるので、手渡しのわずらわしさはありません。

 

 

ちゃんと、消費者庁許可のマークが付ています。今回は、お試しなので5包入りです。作り方や成分については裏面に記載されています。

 

 

作り方は非常に簡単で、コップにフィットライフコーヒーを1包(8.5g)を入れて、お湯を約100mlそそいで混ぜるだけです。忙しい朝でテカるに飲む事が出来ます。

 

 

 

袋の中はこんな感じになっています。ここにお湯を入れて混ぜればコーヒーの出来上がりです。

 

 

血糖値対策の商品なので、ブラックコーヒーになっています。一般的に、コーヒーに含まれているクロロゲン酸が糖尿病予防にいいと言われていますが、それは糖質が含まれていないブラックコーヒーの事を指しています。

 

食後血糖値が気になる方は、このフィットライフコーヒーを試してみてはどうでしょうか?

 

▼公式サイトはこちら▼

食事で得た糖の吸収を緩やかにできる理由

 

フィットライフコーヒーが糖の吸収を穏やかにする事が出来るのは、難消化デキストリンという食物繊維のおかげです。食事として食べた糖分が小腸に吸収される速さを遅らせる働きがあり、血液中に運ばれるブドウ糖のスピードがゆっくりになります。

 

フィットライフコーヒーの公式ページでも紹介されている実験結果についてみていきましょう。

 

 

コーヒーを飲み永田あんぱんを食べた食後血糖値の変化をみると食後60分をピークの血糖値を比較するとフィットライフコーヒーを飲んだ時の方が食後血糖値が低いのが分かると思います。

 

だから、食後血糖値が気になる方にフィットライフコーヒーがお勧めなんです。

 

▼公式サイトはこちら▼

食後血糖値が高い人は危険かも?

食後血糖値が高い人は、隠れ糖尿病かもしれません。健診では、空腹時の血糖値検査しか行われず、基準値内でも食後血糖値が基準値以上の方がいます。

 

食後血糖値が高い人は、身体にブドウ糖が取り込まれているのにインスリンが効いてないので血糖値を下げる事ができていない状態です。そのまま、高血糖状態が続いているのは非常に危険です。

 

血糖値が高いままだと血管に負担をかける事になるので、活性酸素が発生して血管が厚く硬くなります。動脈硬化を進行させる原因になっているので十分に注意する必要があるんです。

 

だから、食後血糖値がきになる方は、フィットライフコーヒーを飲んでみてはどうでしょうか?という事です。

 

▼公式サイトはこちら▼