【完全版】血糖値を下げるサプリランキングBEST5が決定

血糖値サプリで血糖値改善のサポートに!

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

こんにちは、血糖値について調べている中島です。健康診断や人間ドックで血糖値が高いと診断されて悩んでいませんか?

 

血糖値を改善するためには、食事や運動が基本です。血糖値なんて簡単に改善できるという人がいますが、それは嘘です。

 

少しづつでいいので、ちょっとづつ改善していく事が大切です。


血糖値を下げるサプリは飲むべきなのか?

血糖値が高いと悩んでいると血糖値を下げるサプリメントが気になりませんか?血糖値が診断されたときから、CMで血糖値対策のサプリメントが目に付くようになります。

 

血糖値サプリの基本的なスタンスは、糖質制限をして運動不足を解消してそのサポートとして血糖値サプリを使う事でより血糖値が正常値に近づくようにサポートする事です。

 

サプリメントだけを飲んでいれば血糖値が正常値に戻るような魔法のサプリではありません。サプリは、あくまでも健康補助食品で薬ではない事を理解しましょう。

 

でも、サプリメントを使う事で血糖値の上昇を抑えたり、インスリンを活発化させる事で血糖値を改善するために役に立つので金銭面で負担にならないようであればお勧めします。

 

【目次】

1. 血糖値が高いと糖尿病になるリスクが高い
 1.1 糖尿病と診断される数値とは?
 1.2 血糖値はどうして上がってしまうのか?
 1.3 血糖値が高くなってしまうのは?
2. 3種類の血糖値を下げるサプリ
 2.1 糖の代謝をアップさせて血糖値を下げる
 2.2 糖の吸収を抑えて血糖値の上昇を抑える
 2.3 インスリンの分泌を活発化させる
3. 血糖値サプリランキングBEST5
 3.1 第1位 ALAプラス糖ダウン(糖の代謝をアップ)
 3.2 第2位 グラシトール(インスリンの分泌を活発化)
 3.3 第3位 白井田七(サポニンでインスリンを活発化)
 3.4 第4位 金の菊芋 (糖の吸収を抑える)
 3.5 第5位 ルックルックイヌリンプラス(糖の吸収を抑える)
 3.6 PICK UP商品 ハイサラシア インスタントティー
4. 血糖値を改善するための食事方法

 4.1 ベジ・ファーストで糖の吸収を抑える
 4.2 糖質を制限しないと血糖値を改善するのは難しい
 4.3 間食と飲み物には注意が必要
 4.4 青魚からDHA・EPAを摂る事も大切
 4.5 血糖値が高い人のお酒との付き合い方
5. 血糖値を下げる運動
 5.1 運動は週に1回でも十分に効果がある
 5.2 自宅で出来るながら筋トレでもO.K

血糖値が高いと糖尿病になるリスクが高い


糖尿病と診断される数値とは?

血糖値が高いから糖尿病という事ではなく、2つの条件を満たしてしまうと糖尿病と診断されて大変な事になります。糖尿病に診断されるのは、血糖値とHbA1cの両方が基準値以上だった場合です。

 

血糖値そのものを測定する検査は3つあります。「空腹時血糖検査」、「75gOGTT(経口ブドウ糖負荷試験)」、「随時血糖検査」の3つです。このうち1つでも基準値を超えていると糖尿病の可能性が出てきます。

 

  • 空腹時血糖検査:126mg/dl以上
  • 75gOGTT:200mg/dl以上
  • 随時血糖検査:200mg/dl以上

 

この3つの項目の内1つでも当てはまるのなら真剣に血糖値について考えた方が良いです。

 

また、Hb1acは、6.5%以上だと危険です。Hb1acは、採決時の2カ月間の血糖値の平均が測定できる物です。赤血球は寿命が120日間で、その中のグリコヘモグロビン(ヘモグロビンとブドウ糖の結合)の比率を調べる事が出来ます。その60日間にどれくらいブドウ糖とヘモグロビンが結合したかが割り出せるんです。

血糖値はどうして上がってしまうのか?

血糖値とは、血液中の糖質の量の事を言います。私達が食事をして炭水化物が体に入ってどんどん分解さえてブドウ糖になります。

 

血液中のブドウ糖が増える事で血糖値が上昇します。血糖値の上昇を抑えてくれるのがインスリンです。

 

血糖値が高い人は、食生活のバランスが崩れていたり、運動不足になって糖質の取り過ぎやインスリンの働きが悪くなってしまったからです。

血糖値が高くなってしまうのは?

血糖値が高い状態というのは、インスリンが上手く機能していない状態です。インスリンの分泌量が少ないのか細胞がインスリンを受け取る事がなんらかの原因でうまく機能しない状態です。

 

インスリンは、膵臓から分泌されており生活習慣が悪いとインスリンの分泌量が減ってしまいブドウ糖を上手く処理しきれずに血糖値が高くなってしまいます。

 

また、生活習慣病だけでなく肥満や運動不足によってインスリンの分泌量が正常なのにインスリンが上手く機能しなくて糖が細胞などに運ばれないので血糖値が高いままの状態だったりします。

3種類の血糖値を下げるサプリ


 

糖の代謝をアップさせて血糖値を下げるには、ALA(5-アミノレブリン酸)というアミノ酸成分を使っています。ALAは、ミトコンドリアを元気にして代謝をアップさせる働きがあります。

 

人間の身体には、ミトコンドリアという細胞が存在していて食事から得た栄養を酸素で燃やしてエネルギーを作っています。ALAを摂取する事で、ミトコンドリアのエネルギーを作る力をサポートする事で糖の代謝をアップさせる事が出来ます。

 

加齢に伴ってミトコンドリアの量が少なくなり、質も悪くなるので糖の代謝が悪くなるため血糖値が上昇しやすくなってしまうんです。

 

本来は、糖の吸収を抑えるサプリメントが多く食事前にとらなければなりませんでした。ですが、糖の代謝をアップさせるのは、サプリメントをいつ飲んでも良いというのが利点でもあります。


 

糖の吸収を抑える成分で有名なのがサラシアです。サラシアの他にもサポニンやイヌリンなどがあります。サラシアには、食事前に摂取する事で食後高血糖を抑えるサポートをしてくれます。

 

サラシアには、「サラシノール」と「コタラノール」という2つの有効成分を持っています。これられの成分には、消化酵素のα-グルコシダーゼの働きを阻害する働きがあります。

 

α-グルコシダーゼは、2糖類からブドウ糖(単糖類)に分解する事で、小腸がブドウ糖を吸収して血糖値が上昇します。しかし、サラシアは、α-グルコシダーゼの働きを阻害するので吸収を抑える事が出来るんです。

 

二糖類のままでは吸収されないので、必要なエネルギーは吸収されて余分な糖は外への排出する事が出来ます。


 

アイスプラントという植物には、ピニトールという成分が含まれています。これは、植物性インスリンとも呼ばれておりインスリンの働きをサポートします。

 

GULT4(糖輸送担体)を活性化させて、血中のブドウ糖を筋肉や肝臓に送りブドウ糖を取り込むように促進する事ができ、血中の糖が減るので血糖値が下がります。

 

ピニトールは、血糖値を調整するサポートをするので、上手に血糖値を下げる事が出来るんです。血糖値が高い人は、インスリンの分泌が悪い人が多いので特にお勧めの成分です。

血糖値サプリランキングBEST5

当サイトでは、血糖値を下げるサプリメントをランキング形式で紹介しています。決して効果がある順ではなく信頼できるメーカーであったり、コスパや口コミ評価、使いやすさを元に独自のランキングになっています。

 

特に、「この血糖値サプリは飲んでよかった!」という声を重視しています。中には、悪い口コミもあって本当にこのサプリメントを飲む意味あるの?と思うかもしれませんが、個人差が出てくるの仕方がありません。

 

ただ、血糖値サプリを飲むだけで血糖値が正常値になる程簡単な事ではありません。以前よりも糖質の摂取量を抑えて週に1、2回程度運動して運動不足を解消する事が大切です。

 

あくまでもサポートとして血糖値を下げるサプリメントを使う事を忘れてはいけません。でも、サプリメントを使う事で糖対策が出来るのは手軽でとてもいいと思います。

 

 

第3位糖ダウン

▼ALAプラス糖ダウン 公式サイトはこちら▼


料金表
※1日1カプセルなので定期コースは2ヶ月分です。2カ月ごとにお届けします。1ヶ月当たりは4,234円になります。
公式サイトを確認する

アラプラス糖ダウンのおすすめポイント

アラプラス糖ダウンは、糖の代謝をアップさせて消費を効率的にする事で血糖値の上昇を抑えます。試験でも食後血糖値の上昇を穏やかにする事が確認されています。

 

血糖値サプリは、糖の吸収を抑える物が多かったのですが、糖の代謝をアップさせる新しいアプローチの商品であるところも魅力の1つです。

 

また、消費者庁に糖ダウンは、機能性表示食品として受理されているのも信頼できるポイントです。もちろん、安心、安全に製造しているので心配は不要です。

第2位グラシトール

▼グラシトール 公式サイトはこちら▼



※1日6粒が目安で3食に分けて摂取するのがお勧めです。
公式サイトで確認する

グラシトールのおすすめポイント

グラシトールは、モンドセレクション4年連続で金賞を受賞しているサプリメントです。その点も評価が出来て信頼度もあります。

 

グラシトールは、ピニトールを使っていて血糖値対策として有効だと言われています。ピニトールは、GULT4を活性化させて、骨格筋のエネルギーとして糖を取り込みます。それで、インスリン抵抗性を改善する事が出来ます。

 

GULT4は、高血糖によって働くなるので改善する事が血糖値を改善する事につながります。また、定期ではなく1ヶ月分を購入する事もできて、税抜きで4,552円で購入する事が出来ます。

第4位白井田七

▼白井田七|田七人参 公式サイトはこちら▼



白井田七のおすすめポイント

サポニンのチカラでインスリンと似たような働きで血糖値を抑えるサポートをします。また、合成素材を一切不使用ですし、100%オーガニックのサプリです。

 

めぐりサラサラ成分高麗人参の約7倍含まれています。体内で生成できない必須アミノ酸も摂れるので、健康維持にはとても大切なんです。

 

白井田七の定期コースは、初回価格は、39%OFFの3,980円です。2回目以降は、20%OFFで5,184円で購入が出来ます。もちろん、送料無料で15日間の返金保証が付いています。


▼金の菊芋 公式サイトはこちら▼



金の菊芋のおすすめポイント

金の菊芋は、内科医が監修しているサプリメントで血糖値が気になる方にお勧めです。食物繊維であるイヌリンが糖の吸収を抑えるサポートをします。食保の急上昇を防ぐ事が出来ます。

 

イヌリンは、体内では酵素によりフラクトオリゴ糖に変化します。善玉菌であるビフィズス菌をサポートするので腸内環境を戸利根オる事が出来ます。

 

腸内環境(腸内フローラ)を整える事でインスリン抵抗性が改善でききる事が確認されています。逆に、腸内フローラが乱れると血統コントロールも乱れると言えます。

 

金の菊芋だけでなく普段の食事から直接乳酸菌を得たり、善玉菌の餌となるような食物繊維やオリゴ糖などもお勧めですよ!

第5位イヌリン

▼イヌリンプラス 公式サイトはこちら▼



イヌリンプラスのおすすめポイント

イヌリンプラスは、菊芋やゴボウにもよく含まれている成分で水によく溶ける食物繊維でもあります。そのため、糖の吸収を抑える事が出来るため血糖値の上昇を抑える事が出来ます。

 

イヌリンだけでなくサラシアやナットウキナーゼ、玉ねぎなど血糖値や血管などの改善のサポートになる成分ばかりが含まれています。サラシアがα-グルコシダーゼの働きを阻害する事によって糖の吸収を抑えて食後高血糖を抑える事が出来ます。

 

値段も本当に手軽に購入が出来るし、定期コースに特にしばりがないのも魅力的です。トクホ製品ではないのでその点が他の商品よりも魅力が落ちる評価になっています。

▼ハイサラシアティー 公式サイトはこちら▼




ハイサラシアティーのおすすめポイント

ハイサラシアティーは、サラシアが含まれているので糖の吸収を抑える事が出来ます。サプリメントだけでも充分ですが、飲み物にも気を使う方が良いです。

 

普段飲んでいるのが糖質が多いジュースばかり飲んでいるならサラシア茶に変えた方が血糖値の上昇を抑える事が出来ますし、血糖値の改善にもなります。

 

少し値段が高いですが、粉を入れるだけで簡単に作れるのでかなり手軽でお勧めです。ほうじ茶で非常に飲みやすいのもいいです。お茶が苦手な人にはお勧めできません。

血糖値を改善するための食事方法


ベジ・ファーストで糖の吸収を抑える

血糖値が高いと診断されてから一番初めに誰でもできるのがベジタルファーストです。要は、一番初めに野菜を食べるよにする事です。

 

ほとんどの方は、白いごはんから食べてしまうので糖が一番初めに体に吸収されるので血糖値が急上昇してしまいます。それを防ぐために一番最初の一口目から野菜を摂るのが良いんです。

 

野菜は、食物繊維が豊富で人間の消化酵素では分解されないので排泄されます。食物線維が一番はじめに体に入る事で糖の吸収を抑える事が出来ます。

 

そのため、食後高血糖を防ぐ事が出来ますし、脂肪を溜め込みやすくするのを防ぐ事が出来るのでダイエットにもなるのでお勧めです。私は、必ず野菜を一番初めに食べるようにしています。

糖質を制限しないと血糖値を改善するのは難しい

血糖値を下げるサプリメントを飲むだけでは絶対にダメです。いきなり糖質を半分にまで減らすのはつらいと思うので徐々に糖質を減らす事が大切です。

 

私達の食事は、1日に200〜300mg程度の糖質を摂取しています。これを70〜120mgまで抑えたいです。血糖値が高い人は、カロリーではなく糖質の量に気を遣わなければなりません。

 

例えば、白いごはんの量を半分にしておかずの量はそのままにしてから始めるのもいいと思います。炭水化物は糖質が多いので1日で結構な糖質制限になります。

間食と飲み物には注意が必要

間食と飲み物についても注意してください。お菓子や飲み物も糖質を気にしていない人が多いです。ちょっと食べているだけでも糖質を30〜40mg取っている事があります。

 

お菓子を食べた次のは食べないとか週に3回だけお菓子を食べる日を作ってあげる、自分ルールを作った方が良いです。

 

飲み物についても同じで糖質が多いジュースはダメです。果糖は血糖値を上昇されないと言われています。100%フルーツジュースは大丈夫と思っているかもしれませんが、長い目で見ると血糖値を上昇させやすくなります。

 

だから、フルーツジュースもたまに取り入れる程度がよく毎日飲んでもいいわけではありません。

青魚からDHA・EPAを摂る事も大切

糖尿病の方は、合併症による動脈硬化に伴う、心筋梗塞、脳梗塞などで死亡する確率が高くなります。そのため、糖尿病になる人は、合併症の方が怖いんです。

 

血糖値が高い人は、血管が傷付きやすくなっておりそこ悪玉コレステロールが溜って活性酸素により酸化して酸化コレステロールになって心筋梗塞などを起こします。

 

血糖値が高い人は、糖質だけでなく脂質にも注意した方がいいです。そのため、青魚に含まれているDHAやEPAがお勧めで悪玉コレステロールを下げる働きがあるからです。

血糖値が高い人のお酒との付き合い方

アルコールには、血糖値を上昇させる働きがあります。さらに、お酒を飲む事で食欲が増してしまい普段よりも食事量が増えてそれだけ糖質を摂る事になります。

 

居酒屋だと揚げ物や糖質が多い食べ物が多いので余計に血糖値が上昇しやすいです。なるべく、お酒は引けるべきですが、付き合いもあると思います。

 

食事をするときは、枝豆や野菜サラダを先に食べる事や中心に食べるようにしましょう。お酒も理性が保つまでにして水をちょちいちょち飲むようにした方が良いです。とにかく、飲み過ぎは厳禁です。

血糖値を下げる運動


運動は週に1回でも十分に効果がある

血糖値を改善するためには運動も必要です。運動不足になってしまうとエネルギーの代謝が悪くなってしまうので血糖値が下がりづらくなってしまいます。

 

運動不足には、筋肉に脂肪筋があります。食べ過ぎや運動不足によって使われなかったエネルギーが筋肉の細胞に余って脂肪として残っている状態です。

 

それが、インスリンの働きを低下させて血糖値を上げやすくしています。だから、週に1回の運動でも減らす事が出来るので血糖値の改善には有効なんです。

自宅で出来るながら筋トレでもO.K

外に出てランニングやウォーキングするのはめんどくさいという人は、ながら筋トレでもいいです。自宅でテレビを見ながらでも十分に筋肉は付きます。

 

筋肉が増えれば糖の消費が増えるので血糖値の改善になります。また、自宅でなくても隙間時間を利用するのもいいです。

 

通勤電車では座らずに立ったり、エレベーターやエスカレーターを使わないので階段を使うようにしましょう。それだけでも運動不足の解消にもなりますし、筋肉も付くのでお勧めです。